スタートレック:誕生から40周年、CGで復活
米国のテレビ番組「スタートレック」が、誕生40周年に合わせてコンピューター・グラフィクス(CG)で“化粧直し”され、16日(現地時間)から全米で放送される。オリジナルの「エンタープライズ号」は、ミニチュアによる特殊撮影だったが、CGに置き換えられてリアルな映像に生まれ変わった。

スタートレック「エンタープライズ」より映画の噂は流れてくるもののテレビ版の話が途絶えていましたがスタートレック「宇宙大作戦」のリマスタリング版が放送開始しました。
具体的には映像を綺麗に、音楽の取り直し、ミニチュアだったエンタープライズ号がCGにって事です。
スポックやカーク船長にまた会える!
下記のページで映像がちょっとだけ見れます。
http://www.startrek.com/startrek/view/news/article/25055.html
上記ページのテレビのアイコンをクリック。
映像が綺麗になる技術は見事。
音も良くなるのでしょう。
ただし、CGはかなりダサい。
本当にあれが完成品なのでしょうか?
もう少しなんとか出来そうですが…。
英語詳しい人教えてください。