ライダー40人vs戦隊199人!ヒーローの座巡り映画で本格初共演:芸能:スポーツ報知
今回の映画では現役の仮面ライダーフォーゼと、来年2月から放送される新戦隊のほか、仮面ライダーディケイドと海賊戦隊ゴーカイジャーがそれぞれのシリーズのヒーローたちを召還。ライダー30〜40人、戦隊199人が集結し、ヒーローの座を巡って、両者入り乱れての“団体戦”を繰り広げる。  ライダーと戦隊が同じ画面に登場したのは、ディケイドのテレビ版、米国の「パワーレンジャー」シリーズがあるが、本格的な共演は初めて。東映テレビ・プロダクション社長として両シリーズを統括する白倉伸一郎氏は「レギュラーシリーズでは見られないスペシャル感を出したい。今後の春の映画でシリーズ化したい」と狙いを語る。 ...


ディケイドの時に共演したのはシンケンジャーでしたね。
フォーゼは最初デザインを観た時ハズしたと思ったのですが、意外に面白く観ています。テンポがあって良い演出だと思います。
戦隊総登場はゴーカイジャーの最初でやってましたね。

しかし、さすがにライダー40人vs戦隊199人は多いよなぁ。
ヒーローのインフレ状態とでも言いましょうか(笑)。
戦力的にはライダー組が不利か(笑)。
戦隊組はロボットとかもいるしねぇ。
仮面ライダーJ(巨大ライダー)に頑張ってもらわなければねりませんね。

このインフレ状態は大きなお友達には不評かもしれませんが小さなお友達には好評の様ですね。
やっぱり子供はドラマ部分よりも戦闘シーンを喜びますから。

基本的には戦闘シーンは時代劇の合戦シーンみたいになるんでしょうか?
東映だから合戦シーンも安心ですね(笑)。