AKB48高橋みなみが騒動を謝罪「続けさせてほしいです。ここに居たい」。(ナリナリドットコム) - livedoor ニュース
そして、「色々な意見があることも知っています AKBに居ない方が良いんじゃないかと思われても仕方がない事だと思います」と、一部ネットで出ている辛辣な批判や意見を受け止めつつも、「続けさせてほしいです コメントを読ませていただいてお手紙を読ませていただいて 劇場に立たせていただいて 私はやっぱり ここに居たいと思いました」と率直な胸の内を告白した。 ...

高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』 (講談社MOOK)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
まあ、本人が起こしたことではないので気の毒といえば気の毒な話です。
本人も辛かったと思います。

しかし、なぜこのタイミングでブログで謝罪があったのかは考える必要があるかもね。
この件に関して触れるにあたって本人の判断でブログを書いたとは思えないので大人の介入があったのは想像できると思います。
では、なぜこのタイミングなのかというとそれはスポンサー向けに行った可能性が高いと思います。
メディアはAKBカルテルの力で抑えたがネットは抑える事が出来ずこの問題が燻り続けるのをスポンサー筋が嫌ったのでケジメをつけさせたっていうのが本当でしょう。
つまり、今回のブログはファン向けではなくスポンサー向けだと言うことです。

高橋みなみさんには同情しますが、今までプリクラ一枚でクビになったメンバーの事を考えると上位のメンバーだけが優遇されて下位メンバーは簡単にトカゲのしっぽ切りされてしまうという印象は拭えないでしょう。

お金になるメンバーは守り、お金にならないメンバーは切られてしまう矛盾が続く限りメンバーの脱退、強制卒業は続くでしょう。