ツイッターは何でも知っている 公園サメ投棄の「犯人」が暴かれる (1/2) : J-CASTニュース
その後、15日朝になって、渋谷で台車にサメを乗せて押す不思議な外国人男性の姿がツイッターで次々に報告された。投稿写真によると、外国人は胸回りに蛍光ラインの入ったジャンバー様のものを着ており、「この画像シュール過ぎでしょ(笑)」などと指摘されていた。どこに持って行くか聞くと、「持って帰る」と答えたという。 ...

犯人は外国人の様ですね。
さっきツイッターで「サメと公園」て題名のシュールな芸術作品ではなんて戯言をつぶやいたばかりだったのですが意外に当たらずとも遠からずかも知れないですね。

あと、可能性が高そうなのは動物愛護団体の仕業かも。
日本だとクジラの保護ばかりがクローズアップされるのですが実は海外ではサメを保護しろって運動があるようです。

ラングスジャパン(RANGS) エアースイマー シャークあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
特にフカヒレに関しては評判悪いです。
中国では気仙沼産が品質が良いので珍重されますが、外国でも日本人がサメを殺してるってイメージがあるようで、特にフカヒレの場合、フカヒレだけを切り落としまだ生きてるサメを海に捨てるってイメージがあるようです。
実際は日本の場合、身も蒲鉾とかで使うので、ほとんどそんな事はしないのですが中国始めとする他の国ではフカヒレだけとって捨てるなんてことがあるようです。

人気の多い公園に捨てることで海外にもニュースとして取り上げられるのを狙ってなのかも知れません。
それとも単純に食えると思ったが臭くて食えないと捨てただけなのか…。

しかし、一部始終がツイッターで報告されていたなんて日本もいつの間にか監視社会になってしまった様でちょっと怖いなと思ったのは私だけ?