施設職員が虐待児を恫喝 入れ墨見せ暴言繰り返す 大阪市処分せず 賞与査定は大甘  (1/2ページ) - MSN産経west
 大阪市立の児童福祉施設に勤務する30代の男性職員が、子供たちに自分の入れ墨をみせたり、暴言を吐いたりしたことが市側の調査で判明したにも関わらず、市が処分せず、公表も見送っていたことが27日、分かった。この職員は同僚女性へのセクハラで昨年9月に停職処分を受けたが、現在は元の職場に復帰。12月に支給されたボーナスの査定では「良好」以上と判定されており、市側の“大甘裁定”が問題となりそうだ。 ...

Edelたこ焼き&ホットプレート MCE-3335 32618あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
大阪の役所ではこんな話よく聞きますよね。
では、なぜ大阪でだけこんな話が多いのか?

今回のケースが果たしてそうなのかは記事を見ただけでは判らないのですが大阪の役所ではアンタチャブルな事があるのです。
大阪に限らずアンタッチャブルな事はあるのですが大阪は多すぎるんですね。
そのアンタッチャブルは在日、同和、ヤクザです。
この内どれかに該当する職員はやりたい放題です。

周りも見て見ぬふり、こんな職場環境では上記のアンタチャブル項目でなくても同じような事が起こってもしようがないでしょうね。
大阪の行政自体がアンタチャブルな項目とその団体(暴力団を含めて)の強い影響を受けてる訳です。

橋本さんが府知事を辞めて市長になったのもこの辺と対決しなければならないからって話もあります。
今の所は大阪府民の圧倒的支持を受けていますが人気が落ちればこういった勢力からの反撃もあるかもね。