「総選挙後の残酷な現実──」決して美談だけではないAKB48・前田敦子卒業の全真相(日刊サイゾー) - livedoor ニュース
「周囲に盛り立てられてまでAKBのセンターをやることに悩んでいたんです。昨年のAKB総選挙では大島優子から1位の座を取り返し、過呼吸になるほど取り乱して大喜びしましたが、その後の現実は残酷。握手会の人数やファンの声援の少なさを身をもって感じ、本人のなかで『本当にセンターを務めていいのか』と疑問が生じたそうです。握手会ではファンが好きなメンバーのところに並ぶことから、人気のほどが如実にわかりますからね。彼女は神経質だし、周囲の声も気にする。周りに気を遣ってもらってまでセンターを務めることが苦痛になってきた」 ...

発掘スクープお宝のツボ!!―AKB総選挙ハプニング完全掲載 (MSムック)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
一つ前の記事で書いたSKE48松井珠理奈、体調不良は深刻【精神崩壊?】の松井珠理奈の状況と前田敦子の状況は非常に似てるのかもしれません。

トップゆえのプレッシャーと人気と実力と総選挙の順位とのギャップが彼女を苦しめたのかもしれません。
総選挙というシステムが一見、人気投票の様でありながら実際は複数買いなどで順位が操作されてしまうシステムであることのギャップが彼女を苦しめたのかもね。
不安定な精神状態や過呼吸などもその辺が関係してるのかも。

運営側は売りだすことを考えても精神的なケアやプレッシャーに付いては無関心であるように見える。
秋元さんの発言もあとからの言い訳ばかりの様に思われる。
プレッシャーに関してはむしろ圧力を高めて競わせる事で人気を得たことを考えるとAKBシステムはむしろトップに立つことで潰れるシステムになっているのかも。
運営としては新陳代謝が起こるからいいのかも知れないけれど少女を潰すことで回るシステムが健全だとは思えない。

もし、あなたの押しメンが上位ならば総選挙に投票しない事が彼女達の救いになるのかも知れない。
一番いいのは10位ぐらいでテレビに出てるメンバーかもしれないですね。