乃木坂46:AKB48さしことのシングル“ガチ対決” 初日はダブルスコアで勝利− 毎日jp(毎日新聞)
オリコンのデイリーシングルランキング(1日付)によると、同じ2日に発売したアイドルグループ「乃木坂46」のセカンドシングル「おいでシャンプー」と「AKB48」の指原莉乃さんのソロデビューシングル「それでも好きだよ」の初日売り上げ枚数は、乃木坂46が11万1000枚で首位、指原さんが5万7000枚で2位となり、“ガチ対決”初日は乃木坂46がほぼ“ダブルスコア”で勝利を飾った。 ...

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見る スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
まあ、予想通りって感じでしょうか…。
予約の段階で2倍ぐらい差がついてると聞いていたので順当かな。
武道館のゆび祭りはあまり販促には結び付かなかったようですね。
まあ、いろんな所を敵に回したからなぁ。
これから握手会とか色々、ドーピングを行なって20万、10万枚って所でしょうか?

でも、ももいろクローバーZって前回のシングルで5万枚程度しか売れていないんだよねぇ。
世間的な評価と実際の売上が全然合っていないんですよねぇ。

人気があるからCDが売れるのではなく、熱心なファンを獲得したメンバー✕人数で売上が決まっているって事。
1人あたり平均5000人程度のファンがいて2枚程度CDを買えば20人ぐらいのグループで20万枚売れる計算になってしまう。
それが判っているから大人数のグループばかりになってCDのバリエーションが増える事になる。
いくら個人や少人数グループが頑張っても大人数グループには勝てない仕組みになっているのです。

でも、大人数グループのトップグループの人でも少人数や個人の人のほうが人気があるという逆転現象が起きる。
だから、国民的アイドルなんて言ってる割には顔と名前が合わなかったするんですよね。

どちらにせよ、もうCD売上が人気の指標にならない事は明白なのにマスコミは未だに人気の指標をCD売上に求めるからおかしな事になるんだよね。