【オリコン】乃木坂46、AKB指原との同門対決制す 今年初の新人首位 (オリコン) - Yahoo!ニュース
“AKB48の公式ライバル”グループ・乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」が初週15.6万枚を売り上げ、5/14付週間シングルランキングで首位に初登場した。5月2日に同日発売で話題となったAKB指原莉乃(19)のソロデビュー曲「それでも好きだよ」は初週12.4万枚で2位。乃木坂46が発売初日でつけたリードを死守し、今年デビューした新人一番乗りで首位を獲得した。 ...

グループアイドル進化論 〜「アイドル戦国時代」がやってきた!〜 (マイコミ新書)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
この結果を観て思うのは今のアイドルって単体でデビューしても売れないんだなぁという現実。
メンバー個々に何枚売れるかの数字があってそれを積みました物がCD売上なんだなぁって事。

雰囲気や空気や勢いではないシビアな数字しか売り上げに出ない時代になったんだなって事ですね。
間違ってはいないけど夢を売る商売としては寂しい結果とも言えるなぁ。

こうなると全然関係ないけど逸材であってもハロプロの真野恵里菜あたりはソロ歌手であるかぎり浮上することはないってことなんだねぇ。
さっさと女優路線とかにしたほうがいいのかも。

ももクロや東京女子流など少人数のグループもCDの売り上げに関してはこれから先も苦戦することが今回の数字で決定付けられた様に感じます。

オリコンチャートという時代から外れた指標でしか人気を測れない時代はアイドル達に無駄な負担を掛けるだけの時代になってしまった。

今はももクロちゃん達は紅白に出るためにこの無駄なランキング争いに参加しなくてはならないけど、紅白出場が叶ったらもう、DVDやライブ動員に絞って活動の軸を移したほうがいいかもしれない。
オリコンの順位の為に少女達が憔悴していくのを観るのは忍びない。