『ポテチの手』の次はコレだ! 振るだけでテレビを操るリモコン『テレビの手』発売へ:夕刊ガジェット通信
開発のきっかけは「テレビの電源を入れる、チャンネルを変えるという日常の行為に面白さとエンターテインメント性を!」そして「指先ひとつでテレビ操作するkとおで“魔法使いになる”という夢をかなえたい」思いからだそう。誰でも簡単に商品を楽しめるように、本体の仕様はボタンと切り替えスイッチのみというシンプルさで、「テレビ操作」に機能を絞り込むことで低価格を実現しました。 ...

正直、イギリスで発売されたコレのパクリ商品です、ありがとうございました。
WAND 13種類のジェスチャーを記憶させられる杖型学習リモコン KYMERA WRC10209あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

テレビ操作に機能を絞り込む事でって何と比べてるんでしょう(笑)。

でも、考えようによってはいい商品かもしれません。
パッケージなどを観る限りでは若い人向けの商品の様ですが意外に老人向けに売ると良いかもしれません。

テレビの多機能化に伴ってボタンが沢山あるリモコンが付属してきますが老人たちはカネがあってつい多機能なテレビを買ってしまいますが使用してるのは基本的なテレビの機能のみって事は多いと思います。
使わないだけでなく沢山のボタンがある事で必要な基本機能のボタンすら見つけられない場合もあります。
それならば今回のこのテレビの手で良い訳です。

テレビの手 ブルーあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
ボタンも切り替えボタンしかないし、頭で覚えられない老人も体を動かすこのリモコンなら体が覚えるでしょう。

テレビが売れない時代ですがこの様にターゲットを考えればまだまだ、工夫の余地があると思います。
有機LEDで提携するよりも、日本のメーカーは考えるところがあるのではないかと思います。