「なぜ計画停電なのか」橋下氏、政府の決定プロセスに不信感(産経新聞) - livedoor ニュース
大阪市の橋下徹市長は18日、政府が今夏の電力需給対策として、関西電力管内で計画停電の準備を求める一方、法律で節電を義務づける電力使用制限令の発動を見送る方針を固めたことについて「なぜ制限令でなく計画停電の準備なのか、理由を知りたい」と述べ、政府の決定プロセスに対する不信感を示した。 ...

ヤマハ 発電機 60HZ 西日本地域専用 EF23HあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
橋下さんの政策や、やり方に100%賛成は出来ませんが普通の政治家では口に出さないような疑問を口にすることで明らかになる部分が多くて好感は持てますね。
ここのところ、職員の刺青問題や虚構新聞ネタなどで話題になってますが今回の計画停電に関する疑問は共感できる物がありました。

前回の記事、電力需給:「節電」新料金で不足2.6%改善【夜の節電てなぜするの?】で疑問を書いたのですが結局、誰も疑問に答えてくれません。
さて、今回も疑問を一つ。

なんで計画停電をピーク時間以外にもするの?

いやぁ、夏のピーク時に電力が足りなくなるから電力を止めるっていうのは解るんですよ。
でも、ピーク時以外はやる必要がないと思うのですが何かボクの認識は間違っているのだろうか?
ここでもなんだか精神論というか脅しというか、なんだか訳の判らないプレッシャーを掛けられてる様な気がするのは私だけなんだろうか?

この訳の判らないプレッシャーの裏にあるのは電力会社と国の原発がないと大変な思いをするってことを国民に刷り込ませて最終的には原発を再稼働させようとする意図があるのではないかと思ってしまいます。

個人的には原発に関しては割りと現実主義でちゃんと検査や安全対策をとれば原発の再稼働は構わないと 思っています。
まあ、断層の上にあるような原発や津波対策が出来てない原発は稼働するべきではないとは思いますが…。

そんな立場であっても意図を隠して脅しをかけるような事であれば国や電力会社の言うことを聞くことはできない。

計画停電は必要なのですか?
誰か教えて下さい。