秋元康氏、さしこ移籍の経緯説明「長い会議の上に出した結論」 (オリコン) - Yahoo!ニュース
秋元氏は、今回の件で指原に「イエローカード一枚相当の厳重注意をしました」とした上で、移籍について「指原莉乃に新たな挑戦をさせたかったことと、若いHKT48のメンバーの刺激になればいいと僕たちが長い会議の上に出した結論です」と経緯を説明。指原の持つ「“不屈の精神”、“何があってもあきらめない気持ち”は、AKBのメンバーとして模範となるもの」とし「この強さを後輩に伝えて欲しいと思い、結成して間もないHKT48に移籍させることにしました」と明かしている。 ...

 まあ、”長い”会議があったのでしょうねぇ。
スポンサーとか映画会社とか広告代理店とかいろいろ面倒な事があったのでしょう。

 会議はまず、指原さんのAKBグループからの脱退や引退はない、もしくはさせないという前提で話が進んだんでしょう。
もし、引退なんて事になったらCMに対する違約金とか映画の制作費とかテレビ局に対する保証とか諸々な大金が発生することになるので絶対あってはならない結論だったはずです。
休養、謹慎も同じ理由でありえませんでした。
結論としてAKBグループの居残りながら処分をするにはどうするかというふうに会議は進んだのでしょう。

コスプレ衣装・AKB48 指原莉乃 推しメンTシャツ 応援Tシャツ 黒色あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
 その結果としての島流し(HKT48への移籍)が決まったのでしょうね。
まだ、HKT48はシングルも出していないし、九州はタレントさんが多く排出される土地柄でもありながら東京から遠いためプロモーションも難しいという弱点があったのですが、指原さんネタでしばらくは中央のマスコミも注目せざるを得ないでしょう。
まあ、ここまでの結論にファンの事など微塵も考えてないことはちょっと考えれば判るよねぇ。

で、今回の処分で思った事を2つほど…。

 今回の指原莉乃さんの移籍でグループ間の移籍がタブーでは無くなったと言う事。
松井珠理奈や山本彩などチーム移籍があったものの元のグループに席を残したままという中途半端な形でした。
今回の事で東京ドーム以降、グループ間の移籍が容易になったのではないでしょうか。
人気のあるメンバーをAKB本体に集めたいだろうし、AKBで腐ってる干され気味のメンバーを地方に送る事で本体、地方も盛り上がる可能性がある訳ですから…。

 でも、ここでもファンに関しては置いてけぼりだよねぇ。
だって「逢いにいけるアイドル」が逢いに行けなくなってしまうのだから、AKBのコンセプト事態の危機な訳なんです。

 もう一つ思ったのは今回のラジオがあって以降のマスコミの対応のヘタレっぷり。
本家のさしこ以上にヘタレです。

 秋元さんが発表することで情報が事実上解禁になるという、AKBへの犬っぷりが酷い。
発表があったオールナイトニッポンでも秋元康のところにマスコミの一員であるFlashの編集長からメールが来てさしこが同情されてる感じで捉えられてるようで良かったなんていってる癒着ぶりの一端を垣間見せた。
マスコミも文春などの利益関係のない一部以外のマスコミが秋元康に尻尾を振ってる現状でには反吐がでるぐらいです。

 指原莉乃さんの今回の島流しに関してはHKT48の実績次第ではAKBに帰ってくる可能性はあると思います。
むしろHKTが売れた場合、指原さんは邪魔に成りかねないし、秋元康自体が指原さんは秘蔵っ子なので戻れるチャンスがあればAKBに戻すと思います。
島流し期間はHKTのシングル発売から1年ぐらいと予想しますね。