日米Amazonアカウント併用ユーザーのKindle利用方法(ITmedia ニュース) - IT - livedoor ニュース
複数の端末でKndleアプリを利用しているならば、例えばAndroidタブレットは日本のコンテンツ用、iPadは洋書用、というように使い分けるといいかもしれない。 ...

電子書籍は「楽園」か「荒野」か? 仮想報道特別編あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
とうとう、KindleストアがAmazonのサイトで開店しましたね。
日本の出版界への黒船が上陸したって感じでしょうか…。
早速、Kindleストアで電子書籍を購入しました。
感想は正直、戦慄しました。
電子書籍にではなくその決済システムにです。

何に戦慄したのかを説明する前に自分の状況を説明します。
自分は元本屋の店長をやっていました。
アマゾンでは何度か商品を買っています、頻繁に利用する方ではないですが月に1回程度は購入しています。
したがってアマゾンではクレジットカードの情報を登録していますし、Amazonギフト券の料金も少し残ったままです。
ハードのKindleは持っていないので今回はiPhoneで読む予定でKindleアプリをインストールしました。
初回の起動時にアマゾンのアカウントを入力させられます。
購入は今回はPCでアマゾンのKindleストアから購入しました。

AmazonのKindleストアで目的の本を探してワンクリックで購入が終わりました。
数秒後にはメールで明細が届き、iPhoneでKindleストアを開いた所、目的の本が表示され、すぐ開くことが出来ました。
明細にはアマゾンギフト券の残りから引き落とし、足りなかった分をクレジットカードへ請求すると書いてありました。
戦慄したのはたったワンクリックで済み、明細やダウンロードの速さです。

非常にスピーディーである事。
多分、店頭でレジに本を出してから精算して読み始めるより早い。
それに基本的には売り切れがない。
本屋時代はベストセラー本を確保することが一番難しかった事を考えると売り切れがないというのは、それだけで本屋としては脅威と言ってもいいでしょう。

電子書籍は電子書籍サイトや電子書籍自体のファーマット、品揃えばかりが喧伝されますが、スマートな決済システムとスピードが読者にとって最適で感動的なのエクスペリエンスになる。
他のサイトで電子書籍を購入したことはあったけどこんなにスピーディーだったのは初めてです。

名前や住所、アカウント、クレジットカード等の登録は煩わしい物ですが、すでにAmazonの顧客ならばその煩わしすらない。
これは他の電子書籍プラットホームよりもAmazonが有利な点です。
電子書籍を買うような人であれば過去にAmazonで買い物をしてる可能性は高いでしょう。

一度、体験してしまうとこれは、本好きにとっては麻薬の様なシステムですね。
Kindleストアで破産しかねない。

これが広まればあっという間に本屋は半分以下になるでしょうねぇ。
本屋の存在意義は店内での偶然の本との出会い以外無くなってしまうかもしれない。
本屋は出版社の単なるショールームになってしまうのかもしれません。

今までは本は本屋さんで出会うというエクスペリエンスがあるからそう簡単に電子書籍に抜かれる事はないと思っていましたが、このスピーディーなエクスペリエンスは出会いを超える物になる人は多いのではないだろうか…。

一部の大型書店を除けば、もう書店はダメかもしれない。