女子中高生に蔓延する“エロ写メ”交換 米国では「セクスティング」として社会問題化 | 【EXドロイド(エックスドロイド)】
デジタルの恐ろしさは、一度外部に出したデータは本人によるコントロールがきかなくなってしまうところ。さらに転載の繰り返しによって容易に拡散され、回収や消去は永遠に不可能になってしまう。 ...

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
いやぁ、いい時代になりましたねぇ困った時代になりましたねぇ。
デジタルが身近になり過ぎてITへのリテラシーがたりないんでしょう。

ティーンが多い所を考えるとやっぱり学校の授業でリテラシーに話は必要なんじゃないかな。
でも、学校の先生のほうがリテラシーが低いっていうかデジタル自体に弱いからねぇ。
教育関係者のデジタル嫌いはもう宗教のレベルだからね。
未だに手書きの神話が蔓延してるようなところだからなぁ。

デジタルの怖いところは一度、ネットに出てしまえば改修は不可能な事。
そしていつまでも出回り続けつって事。
それによっていつまでも傷ついたり、場合によってはそれをネタに犯罪に巻き込まれる可能性だってある。

流出しなければ大丈夫と思ってるかも知れないけど、誰かに送った時点でどうなるかわからないし、ウィルスなどで強制的に画像を抜かれる可能性もある。

また、友人関係や恋人の時はいいかも知れないけど別れたらどうなるか判らないし、悪意を持ってばら撒く人もいるって事だからね。

例えば裸で無くても二人で取ったプリクラだって将来、悪意で使われる可能性がある事を考えたほうがいい。
プリクラとかも最近はデジタルなので取った画像は機械に保存されてる場合があり、店の人が覗こうと思えば覗く事も可能な場合も多い。

とりあえず裸に限らず恥ずかしい画像はデジタルでは残さいない事を進めます。
青春の傷がデジタルでは一生の傷に成りかねない場合もあるのです。