“日本活動論議”ヘリョン、言い訳の代わりに深い反省 - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle
さらに「日本活動当時は、自分自身が憎らしくてつらい時期だった。日本に行く飛行機の中で、『飛行機が落ちればいいのに』と思ったこともあるし、震災当時は『すっかり消えて欲しい』とも思った」とし、日本活動当時に経験した極度のうつ病を告白した。 ...
グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
正直、日本でのヘリョンの活動はあまり芸人としては面白いとは思えなかったけど、外国人タレントしては良くやってる方だと思っていました。(面白くないのは致命的だったけど)

それが韓国では偏見としか思えない意見で責められてるのを観るとやはり、あの国は頭がおかしいとしか思えない。

「震災当時は『すっかり消えて欲しい』」なんて事を思わせたり、それを当たり前の様に報道する韓国マスコミの非常識には驚きを隠せません。
自然災害にあって苦しんでいる人に対してのこの言葉は歴史認識だかなんだか知らないけど許される物ではないと思います。

ヘリョンさんは単純にタレントしての野望として日本進出をしたのだと思うのですがそれに対して韓国という国が持ってる偏見を歴史認識という言葉の衣を着せて語らせる韓国という国には反吐が出る思いです。
反日であればなんでも許されるクソみたいな国は早く潰れて欲しい。

ゴールドマン・サックスが韓国から逃げ出すみたいだけどもう、旨みが無いと判断したのでしょう。
ゴールドマン・サックスが逃げるってことはもうすぐ国が傾くって事だと思いますよ。
せいぜい、日本に迷惑を書けないようにしてください。