さかもと未明氏、飛行機で泣く子供にブチ切れたことを告白 ツイッターで物議醸す(トピックニュース) - 国内 - livedoor ニュース
記事で、さかもと氏は、かつてJAL機内で、離陸から一時間泣き通しだった子供に耐え切れなくなり、着陸準備中の機内でシートベルトを外し「もうやだ、降りる、飛び降りる!」と叫びながら、機内を走った、というエピソードを告白している。 ...
ほーら、泣きやんだ! ゆっくりおやすみ編 ~となりのトトロ・いつも何度でもあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
ええ、この間飛行機に乗ったんですよ、そうしたら着陸準備中にも関わらずシートベルトを外して「もうやだ、降りる、飛び降りる!」と叫びながら機内を走っていた女が居たんです。

赤ちゃんが泣いているのを抑えようとして一生懸命な母親の元に言って何か喚いてる訳ですよ、当然そんな人が突然来たら赤ちゃんはパニックになって更に泣くという悪循環。
赤ちゃんは飛行機に載せるなとか赤ちゃんに薬を使っておとなしくさせろとか言ってる訳ですよ。

当然機内はヒステリー女への恐怖でパニック寸前でした。
ええ、その後、飛行機会社にクレームを付けましたよ。
ヒステリー女を隔離する防音の牢獄とかは飛行機に常備できないのか、ヒステリーを鎮める象に向かって打つぐらいの麻酔銃とかを常備するべきだと言ったのですが航空法で監獄や銃を飛行機に載せることは出来ないとの回答でした。

ヒステリーを起こして犯罪に走る女が多くなってる現状を踏まえて航空法を変えるべきだとクレームを入れたのですがすべてのお客様が快適に利用できる様にする為に努力しますとの回答でした。
まあ、クレームを聞いてくれたので満足しました。


まあ、上記の話は真っ赤な嘘なんですけど…。

新幹線や飛行機で泣く赤ん坊に関してはそれを放置してる親には怒りを覚える事はありますが、今回の場合は母親と客室乗務員が対応に当たっていたとの事。
そうなった場合は仕方がないでしょう。

赤ん坊は泣くのが仕事だし、昔から泣く子と地頭には勝てぬというぐらいですからね。
今回の場合は大人が我慢するべきだと思いますよ。

母親ってこういった意見に押しつぶされて部屋に篭ってしまう人も多いようです。
親になったら誰でも経験することだから大人なら少し余裕を持って対応したいものですね。