Google MapsのiOSアプリに早くもSDKが提供–無理してAppleの地図を使わなくてすむ
GoogleはGoogle MapsのiOSアプリを完全にゼロから新作し、さらにそのSDKもリリースした。つまりデベロッパは自分のアプリの中でGoogle Mapsを利用できる。そのSDKは一定のURLにアクセスするだけだから、どこからでもMapsを呼び出せるのがミソだ。 たとえばコンタクト管理のアプリを作っているデベロッパなら、誰かのアドレスを表示するとき、デフォルトでGoogle Mapsを使うようにできる。AppleのiOS 6の地図ではなくて。 ...
Google Maps APIプログラミング入門 改訂2版あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
待望のGoogle Mapsがとうとうリリースされました。

そして意外と言ってはなんですがGoogle MapsのSDKが即日リリースされたようです。
要するにアプリを開発する人向けにGoogle Mapsを連携するためのAPIを提供するものです。
いずれ出るとは思っていましたが即日とは思いませんでいた。

まあ、これでアプリからGoogle Mapsを呼び出すことが可能になる訳です。
もちろんGoogleから登録キーを貰わなければならないけど基本的に問題はないでしょう。

ただ、Appleはこれを黙って観てるのでしょうか?
Appleのサービスと競合してるとの理由でiTunesStoreに登録させない可能性も考えられます。
しかし、AppleデフォルトのMapがまともに使えない現在では拒否するとユーザーの非難を浴びる可能性も考えられます。

このままGoogle Mapsと連携するアプリが増えてしまえばせっかく自社で地図アプリを開発することにして投資した分が回収できなくなるだけでなく、将来の利益すら逃してしまう可能性も考えられます。
さて、Appleはどう出てくるのでしょう?
Appleにとっては難しい判断が必要のになります。

Google Mapsはよく出来ていると感じますが、Appleの地図アプリもちゃんと表示できれば負けていない潜在能力があると思われます。
Appleの地図アプリのほうがスムーズだし、操作も直感的だと思います。

しかし、地図データに関してはすぐに直るとも思えません。
将来を取るのか現在のユーザーの利益を取るのかAppleはどうするのでしょうか…。