自公大勝、安倍政権へ 320議席うかがう勢い (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
第46回衆院総選挙は16日投開票され、自民党が単独過半数(241議席)を大幅に上回り、3年3カ月ぶりに公明党と政権復帰を確実にした。自民党の安倍晋三総裁は週明けの特別国会で第96代首相に選出され、2007年9月に辞任して以来の再登板となる。自民党は05年の郵政選挙以来の大勝で、公明党と合わせ参院で否決された法案を再可決できる3分の2(320議席)をうかがう勢いだ。 ...
選挙 [DVD]あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

今日は選挙に投票にいったり、FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012を観たり、選挙速報を観たりしていました。
結局のところ、選挙に行かなかったり、白票を投じても何も変わらないので投票して来ました。
結局、満足行く候補者なんていないので考え方が比較的近い候補者と政党に投票して来ました。
考え方が合わないから白票を投じることで今の政治に反対を表明するって考え方もあるみたいだけど結局は自己満足で実際の世界は動かないと思ったから白票は入れませんでした。
どうやら自民党が一人勝ちになりそうですがこれからに日本はどうなっていくんでしょう。
基本的なにはまず経済対策だと思っています。
経済対策が上手く行けば今の日本の問題の多くが解決できると思います。
逆にいえば経済対策が無ければ今の日本の問題の多くが解決出来ないと思っています。
脱原発、原発即時停止は耳障りのいい言葉だけれど廃炉の問題や経済的なことを考えると即時廃止は無理でしょう。
政治は現実にそって行わないと絵に書いた餅ばかりで何も進まない。
民主党政権でそれは日本人も経験したでしょう。
自民党が過半数を得た今こそ今度は自民党の独走を許さないように脱原発の運動が大切になるのかも知れません。
選挙の終わりが政治参加の終わりではなくてこれからが始まりなんだと思います。