朝日新聞デジタル:アップル株、一時500ドル割れ iPhone5に懸念 - 経済・マネー
アップルの株価は、iPhone5を売り出した昨年9月下旬に最高値となる705ドルまで上がったが、その後は下降ぎみだった。14日には一時、498ドルをつけた。米主要紙が同日、同社が「iPhone5の部品の発注を減らした」と報道し、需要が伸びていないとの見方が強まった。 ...
インサイド・アップルあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
やっぱりAppleが迷走を始めているのかなぁ。
そりゃ3月にiPhone5Sが出るとか、廉価版iPhoneが出るとか言っていればそれは買い控えが生じるのは当たり前でしょう。

なんとかアナリストとかが適当な僕が考えたiPhoneを発表し放題なんですから…。
Appleの情報統制力が落ちているというか、中国辺りから情報が駄々漏れというべきか。

対応の遅さも目立つような気がします。
相変わらず標準のMapは位置情報がズレたままでいつ直るのかの発表は何もない。
すべて最初から作り直すにしてもちゃんとロードマップを示すべきだけど何も発表されていない。
iOSのアップデートも6.01は出たものの無線LANの修正に留まり、6.1はベータ5が出るそうだけどいつもより時間がかかってる印象は拭えない。
パケ詰まりも誰が悪いのかさえ解らない状況が続いている。

なんでもジョブズ、ジョブズというのは良くないとは思うのですがCEOであるティム・クックがAppleの社内を把握出来ていないのかも。
ジョブズが居ない間のAppleは社内政治ばかりで社内は酷いものだったと色々なApple関係の書籍で語られているけど、またその時代に戻ってるような気がします。
あの時代は色々なバリエーションのMacが発売されたけど結局、ジョブズが全く新しいコンセプトのiMacを発売してAppleを立て直したけど、もうジョブズが居ない訳でティム・クックが社内を把握できないとまたAppleの迷走が始まりそうです、トホホ(T_T)