【iPhoneがダメな7つの理由 1】標準アプリを自由に入れ替えできない | あんどろいどスマート
AndroidスマートフォンがiPhoneより優れている理由のその1は、メール内の住所をタップした際に使われるマップアプリなど、「標準アプリ」を自分で自由に変更できる、ということだ。 ...
PLATA (プラタ ) iPhone5 ヒョウ 柄 デザイン ケース ピンク for iphone 5 caseあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
うーん、iPhone5使いとしては耳の痛い話ですねぇ。
しかしリンク先の記事に書いてあるダメな部分こそがiPhoneの強さの秘密でもある。

確か何かの記事で読んだけどiPhoneは女子高生の選ぶスマートフォンNo.1だそうです。
まあ、ブランドって事もあるのかもしれませんが、理由の一位はカバーが豊富にあるって事なんだそうです。
カバーが沢山あるので自分だけのiPhoneが持てるっていうのが人気の理由だそうです。
Androidスマートフォンだとスマホに合うカバーはスマホの形状が違ってるためバリエーションはどうしても少なくなってしまいますね。
00
いやいや、スマホのカバーに話ではなく、大切なのはアイホンは1種類しかなくて操作が統一されてるって事です。
だからこそ、カバーの種類も沢山作れる訳です。
そして、操作が統一されてる事で同じiPhoneを持ってる人に操作を聞くことが出来るっていうのが大きい。
インターフェイスや部品なども同じなので周辺機器も沢山作れる。

基本的に携帯電話は個人で使うものなので操作が統一されてるっていうのは優位性があるわけですね。
だからこそiPhoneが売れてる訳です。
で、Androidなんですがいくらカスタマイズできると言っても返って難しいと言われてしまうし、ハードが統一されていないから性能が低い端末の噂が性能の高い端末にまで影響を及ぼされてしまう。

ただ、そんな事を言ってもiPhone使いとしては日本語変換の馬鹿さでAndroidのATOKが羨ましいよねぇ。
でも、iPhoneの場合、操作の統一を考えると採用はありえない。
もし、採用があるとしたらAppleがジャストシステムでも買収しないとダメだろうねぇ。

個人で使う場合統一された環境って大切だからね。
ただ、ここで似たような事を経験してるのを覚えているだろうか?

そう、MAC対Windowsだ。
歴史は繰り返すのか。
MACの時も統一されたインターフェイスが売りだった。
そしてWindowsはカスタマイズ出来るのが売りだった。
今回も最後にはAndroidが勝つのだろうか?

私の考えではそう思わない。
なぜなら、カスタマイズが必要なシーンというのはビジネスシーンだからだ。
システムに組み込まれた時、カスタマイズ出来ることが有利に働く。
だからこそ、WindowsはMACに勝てたのです。

今のところ、メール等ぐらいしかスマートフォンは会社のシステムとは繋がっていない。
しかし、もっと密接に会社のシステムとスマートフォンが繋がった時にAndroidはもっと売れるようになるんじゃないかなぁ。
でも、パソコンよりも電話は個人の領域に入ってくるから会社の仕事が生活に入り込んできてウザい事態になりそうです。
何だか嫌な未来が観えるのは私だけ?