海外発の噂。ドコモから6〜7月にiPhoneが出るかも(GIZMODO) - IT - livedoor ニュース
Barrons.comによると、NTTドコモから6〜7月にiPhone 5Sが出るかもしれないそうです! こうした情報が国内からでなく海外から聞こえてくるのは珍しいかもしれません。情報の出元は投資銀行Jefferies & Co.のピーター・ミシェク(Peter Misek)氏。これまでにiPhone 5Sと廉価版iPhone、そしてiPhone 6のプロトタイプの情報をリークしてきた人物です。 ...

Appleハイビジョン対応 Apple TV MD199J/AあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
どうもこういった経済アナリストのリークって言うのは信用出来ないからなぁ。

この辺話はもしあったとしてもdocomo、Apple共にトップシークレットで一部の人間しか知らないはずの情報でこの時期に情報が出るのは不自然だと思われます。
そもそも、廉価版のiPhoneも個人的なは懐疑的です、もし、そのような物があったとしても中国とか所得の低い国向けでアメリカや日本では発売されないと思うのです。
だって日本やアメリカの場合単純にiPhone5Sとパイを食い合うだけで決してシェアがそんなに伸びるとは思えない。
アイブ
docomoがもし本当にiPhoneを発売するとしたらその時は日本のメーカー製のスマホが全滅しかねない訳で日本のメーカーにとっては結構な死活問題でdocomoだけで決められるとは思えない。
それこそ、政府レベルとdocomoが話し合って産業界をも説得する必要があるくらいの大事になる可能性がある。

やっと経済が上向きになってきたのに、ここでただでさえ息も絶え絶えの家電メーカーの息を止めるような事が出来るとは思えないんだけどねぇ。
まあ、docomo自身が潰れそうならありえる話かも知れないけどまあ、まだ体力はdocomo自身には残っているでしょう。

まあ、米国からこんな話が出てきたのは、最近下がり気味のAppleの株価を上げたいって気持ちの元の希望的観測って奴じゃないかなぁ。
経済アナリストっていうのは株価を上げるために複数の要因を作りたがるけどAppleは製品を絞ってくるからねぇ。
もし、iPhone5Sが6月発売としても情報が出てくるのは4月以降でしょう。