IE9より高速化した「Internet Explorer 10」がWindows7でもダウンロード可能に(GIGAZINE) - IT - livedoor ニュース
「Windows 8」向けには既に提供されていたIE10(Internet Explorer 10)がついにWindows 7でもダウンロード可能となったことをマイクロソフトが正式に発表しました。ただのテスト用サイトではなく現実に存在するさまざまなサイトを見たときの表示速度テストではIE9よりもIE10の方が20%高速化になったの結果が出ています。 ...
Microsoft Office Personal 2013  [パッケージ]あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
早速、新しもの好きの血が騒いでリスクも考えず、IE10にしてみました。

今回のアップデートはWindows7 SP1の32bit・64bit、Windows Server 2008 R2 SP1 64bitのみの提供になります。
Windows8の人は最初からIE10ですし、VistaやXPの人はサポート期限がもう終わってるので供給されません。
Windows8はハードが対応していないとイマイチだし、ハードが対応していても操作性が大きく変わるのでWindows7のままって方は多いと思うので待望のアップデートですね。

見た目はちょっと角が丸みを帯びたものから角ばったデザインになり、ラジオボタンやチェックボタンも気持ちシンプルになった感じ、スクロールバーも▲から<みたいなへの字っぽいデザインになっています。
大きく見た目は変わっていないし、大きな機能変更も無いようです。

rogoただし、レンダリングの速度とJavaScriptの処理は変えた途端にすぐ判るぐらい早くなっています。
例えば、このブログでは関連記事の表示にLinkWithinというサービスを使っているのですが、今まではブログが表示されたあとワンテンポ遅れて表示されていたのですが一気に表示出来るようになりました。

IE8ぐらいまではバージョンが上がる度、表示や見た目が変わっていましたが、今回は大きな見た目の変更がない代わりにレンダリングやJavaScriptの処理などの実質的に大きな変更がされたようです。

多分、前から出来ていたと思うのですが今回のバージョンアップ時にピン留めという機能がある事を初めて知りました。
タスクバーにサイトを登録出来る機能だけどこれ便利ですね。
最近のアップデートはセキュリティのアップデートばかりでしたが久しぶりに機能のアップデートを感じました。

なお、アップデートは次のいずれかのサイトでアップデート出来ます。
Internet Explorer - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/download-ie
Download Internet Explorer 10
http://windows.microsoft.com/en-us/internet-explorer/downloads/ie-10/worldwide-languages