秋元康がプロデューサーを辞めたがっている!? 泥船と化した巨大グループAKB48(メンズサイゾー) - エンタメ - livedoor ニュース
「業界でも世間でも、AKBが何か騒動を起こせば『秋元が裏で糸を引いている』と噂され、黒幕といったイメージがつくようになった。それを秋元氏は気にしているようです。劇場公演中心だった初期のころならともかく、これだけ巨大化したグループを秋元氏一人が掌握できるわけがない。もう彼の手を離れてしまっているのに、世間から悪く言われるのは自分だけという状況にフラストレーションが溜まっている。商売柄、ダーティなイメージがつくのもマイナスになります。最近の秋元氏はほとんどAKBに対する意欲を失っており、一時は『AKBのプロデューサーを辞めたがっている』という噂が業界で流れたほどでした。AKBメンバーの卒業が相次いでいますが、秋元氏も泥船から抜けだすタイミングを計っているのかもしれませんね」 ...
AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
まあ、ぶっちゃけ辞められるものなら辞めたいと思ってるんでしょうねぇ。
正直、手を広げすぎたっていうのが本当の所じゃないかなぁ。
まあ、金なら山ほどあるだろうから、モチベーションがないと辛いでしょうね。

毎度、毎度、女子高生風の歌詞を書くのにも正直飽きてるだろうしねぇ。
作詞を辞めれば色々、噂が出て面倒な事になるだろうし、AKBを解散させるのは色々利害関係が複雑だから難しいでしょうね。

AKBが落ちぶれるのを待つか、誰かに任せて電撃的に引退(しばらく休んで復活とかいって復帰すればOK)の2つしかないでしょうねぇ。
それで誰かに任せるとしたら…。
そう、今これを読んでるあなたが頭に浮かんだ人物………「さしこ」だったりして…。

やすすまあ、実際は色々考えてる手の一つでしかないと思うけど名前があるメンバーにまかせてしまうっていうのはアリだと思う。
あと、高橋みなみとか…。
まあ、辞めるための奥の手として可能性はあるかもしれないけど、実際は言ったように利害関係があるから難しい。

本当は秋元さんはSNH48に夢を見ていたのではと私は想像しています。
もし、中国でも成功すれば世界的プロデューサーと世間から呼ばれたでしょうね。
しかし、実際には尖閣諸島問題なんかもあり、上手く言ってないのが実情だからねぇ。
日本人メンバーもステージに立つ事なく引き上げざる得なかったでモチベーション下がったんじゃないかなぁ。
金はあるから次に欲しかったのは名誉だったと思うけど…。

メンバーは次々と卒業していくのに、自分が卒業出来ないって言うのは皮肉だよねぇ。
スキャンダルとか起こせば責任をとって引退とか出来るかも…。
そうだ、メンバーと出来ちゃうって言うのはどうだろう?
あ、もうそれはおニャン子でやっちゃったかぁ…。