「GOUNN」(初回限定盤)(AMAZON限定絵柄トレカ付き)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
今回は久しぶりに引用のないエントリーです。
この間のITproの分析の話はなかなか自分にはインパクトがあったように思います。
えーっと確かBlogのコメント数の伸びがなんちゃらかんちゃらって話。

その時にも書いたのですがももクロの人気もそろそろ当初の勢いは止まるのではないのかという意見に同意したのですが、その時の考えとして、CDやTVに頼らないライブ人気で伸びて来たけどそろそろ、ライブを提供する方の供給が限界に来てるので人気が1,2年高止まりするのではないかと書きました。

しおりん、あーりんの高校卒業までは自由に動くことは難しいだろうから、ライブの本数は増やせないし、個人売りも多少はあるだろうけど、本格的には難しいので人気はあっても伸びるのは難しいのではないかとも書きました。

詳しくはももクロ、IT、ビックデータのワードで感じたこと考えた事(その2)というエントリーを読んでください。

そして、今回思った、もう一つの要因。
これはももクロに限らず、最近、伸びて来た物や現象にも通じる話だと思うのですが、その裏にはネットが絡んでいることが多いですよね。
ももクロもITproに呼ばれるくらいだけあって、その躍進にはYoutubeやTwitter、2ちゃんねるなどのソーシャル的な物が大きく関与してる。

ももクロが大量のモノノフを輩出出来た要因として簡単に過去の映像を大量観ることが出来て、その歴史を遡れたのは非常に大きかったと思う。(映像を残していた)
新規であっても古参なみの情報を体験することが出来た。
例え後からファンになっても当初の頃からのファンだったような疑似体験が出来たのです。

また、ファン同士の横の繋がりもTwitterのハッシュタグなどで容易に繋がる事が出来た。
2ちゃんねる等でも多少、毒舌であっても情報や感想を集めることが出来た。
最近ではすっかりあたり前になってしまったけど、運営もファンもネットを上手く使って人気に繋げたと思う。

しかし、ここに来てどのソーシャル的なメディアもノイズが増えている。
ファンの数やアンチの数が増えた事もあり、どうでも良いような内容が増えている。
ネットで何でもつぶやいていないと死んでしまうような人の内容が全く無いものや、悪意にによる誹謗、中傷、そしてアフィリエイト目的の宣伝などにより、いずれのメディアでも有効な情報を見つける事が難しくなって来ている。

例えば、Youtubeなどではちょっと前まではももクロ、もしくはももいろクローバーZで検索をすればももクロの過去のライブや名場面的な動画が簡単に見つけられた。
しかし、最近ではラジオ番組(これ自体は有用な情報)を断片的に分割してのアップロード、重複した動画、アフィリエイト目的の題名だけ煽って内容のない動画、歌ってみた、演奏してみたなどのが混在していて、初めてももクロの動画を探しに来た人はライブの映像や探したい内容の動画を見つける事が難しくなってきている。
もちろんそれぞれの動画には意味や考えがあってアップしてるのでしょうが、新規に軽い気持ちで動画を探しに来た人に取っては沢山の断片が漂う動画の海に唖然とするでしょう。

Twitterも情報交換としてハッシュタグ#momocloが機能していたが、もうこのハッシュタグから有用な情報を得るのは書き込みが多すぎて難しい。

2ちゃんねるに至っては、悪意の書き込みどころか、なりすましなど無法地帯状態だ。
これでは新規のファンになろうとしてもノイズに有効な情報がかき消されてしまう。

有安杏果本来、こういったノイズを排除するためにSNS的な物が流行ったはずだったのですが、結局はノイズまみれになってしまう。
これはももクロに限らず、ネットでの情報の短命化に繋がってると思う。

まとめサイトなんかも結局は2ちゃんねるのノイズをキュレーションした所が、成功した要因だと思うのですが、まとめサイトの乱立により、まとめサイト自体がノイズのなってしまっている。

多分、次にくるアイドルに限らず、流行りモノは新しいノイスをクリアするサービスから生まれて来るんでしょうね。
もう、ソーシャル物からノイズを除去する機能は失われてしまった。
新しくノイズを除去できる様なサービス(しくみ)が次のネットの勝者になるんでしょうね。
個人的にはまとめサイト辺りが検索のランクを下げられると新しいサービスが生まれて来るんだと思うのですがどうでしょう。

個人的に次にくるアーティストやアイドルは楽曲を早い段階で無料にしたところだと思うのですがどうでしょう。
収益はグッツなどのマーチャンダイズと広告などで稼ぐ仕組みを構築した所が次の勝ち組になるのではないかとおもいます。
ただ、レコード会社などから観れば、今まで飯のタネにしていたものを無料にするわけだから抵抗があるだろうし、邪魔もしてくるでしょうね。
それでも、ビジネスモデルを構築できた所が勝ち組になるんじゃないかと思います。