峯岸みなみが「笑いもの」にした剛力ダンスブームで、ネット上の“アンチ剛力彩芽”が寝返り始めた!? - 日刊サイゾー
「これまで剛力は、その実際の人気以上に重用される傾向から“ゴリ押し”の象徴として、主にネット上の掲示板などで最も批判が集まる存在でした。ところが、今回の峯岸の行為で、確かに風向きが変わり始めた。『頑張ってるめごっち(剛力の愛称)をバカにするな』という空気が生まれ始めているんです。フジテレビ側としては、叩かれている剛力だからバカにしても大丈夫だと思ったのかもしれませんが……」 ...

卓上 剛力彩芽 カレンダー 2014年あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
めちゃイケ観てましたけど確かにあの峯岸さんのダンスは不快だったなぁ。
たぶん、峯岸さんって人は空気を読むタイプの人なんでしょうねぇ。
AKBの夜の交流話によく出てくるのは真偽は別としてそいうった存在っていうのがファンからもメンバーからも認知されてるんだろうねぇ。

めちゃイケの岡村さんの振りで演ってみたらウケたのであとは何も考えずに空気を読んだって感じなんでしょうねぇ。
まあ、今風といえば今風なんだろうけどこういった空気を読むタイプの人って自分が無い人が多いんだよねぇ。
そうやって考えると峯岸さんの売りってなんなんだろうね?
歌が上手い訳でもなく、ダンスが上手い訳でもなく、ルックスが飛び抜けていい訳でもなく。
個人的な印象で申し訳ないけど売れてるメンバーの横にいつも居るって感じだよねぇ。

あの丸坊主もある意味過剰に空気を読んだって感じだよね。
まあ、空気を読んだだけだからあの行為自体にはあまり意味がないんでしょうね。
何にかのインタビューみたいな記事で周りが敵ばかりに見えてって言っていたけど、空気を読んだだけで反省とかないから周りが敵に観えるんだろうねぇ。
この人の代表作っていうか、代表的な仕事ってなんなんだろう…。
峯岸さんのAKBの先っていうのが全然見えない人だよねぇ。

一方、剛力さん何だけど、まあ、ゴリ押しは間違いないよね(笑)。
記憶に間違いなければゴリ押しは武井咲、河北麻友子、剛力彩芽の3人が同時に始まったと思います。
まあ、事務所の本命としては武井咲だったんでしょうね。
多分、剛力彩芽は3番手って感じだったように思えました。
確かにルックスに関しては好き嫌いが別れるでしょうねぇ。

私的にはつのだじろうが書く女の子みたいって言うのが印象でしょうか(笑)。
結局は河北麻友子が脱落して、武井咲、剛力彩芽が残ったって感じでしょうか。
武井咲さんは基本的に女優に絞ってる印象で、多方面に進出してる剛力彩芽のほうが露出は多い印象ですね。
それもあってゴリ押しといえば剛力って感じかなぁ。
まあ、ゴリ押しは間違いないんだけど剛力さんは結構頑張ってるなぁっていうのが個人的な印象。
凄い美人という印象ではないけど独特のルックスも個性的だと思いますね。

市川美織歌はそこそこだけどダンスが上手いのは意外というか驚きましたねぇ。
デビュー曲のMVではそんなダンスが上手いといった印象がないのに上手い事が逆にギャップに感じるぐらいでしたねぇ。
まあ、AKBのダンスにくらべると剛力さんのほう上手く観えるのは私だけでしょうか。
AKBのダンス自体が上手いと感じさせるようなダンスではなく、色んなメンバーの最大公約数的なものなんで上手く見えないって言うのもあるんだろうけどね。
ゴリ押しというある意味本人には強いプレッシャーが中で彼女は健闘してると思うけどねぇ。

個人的には空気を読んでグループ内で立ちまわってる峯岸さんより、置かれた状況で頑張ってる剛力さんのほうが好印象だけどねぇ。

そう言えばロンドンハーツの有吉進路相談見たけど有吉は優しいなぁ。
島田晴香を落として市川美織を上げるような内容だったけど、結局のところ市川美織はあれ以上内容が無いって判断したんでしょうねぇ、島田晴香は有吉が言っていたように何にも無いのは事実だけど、バラエティ的には返せると判断したんでしょうね。
本当にヤバイのはバラエティ的には使えないと有吉に判断された市川美織だろうねぇ。