1億人の大質問!?笑ってコラえて!|日本テレビ
『ダーツの旅スペシャル その』 またまた、所さんの伝令を受けた忍びの目指した先は都内某スタジオ。 そこに待っていたのは…ももいろクローバーZの5人! 一行がやってきたのは愛知県幡豆町。 ももクロファンの町人さん&ももクロとの夢のコラボレーション! まさかの路上で即興ライブ!! みかんを1箱をおすそ分けしてくれたお父さんは ももクロメンバーに抱きつかれテンション上がりまくり! キュートな5人が幡豆町のおもしろ村人さんと大奮闘! ...

【Amazon.co.jp限定】 「泣いてもいいんだよ(通常盤)」(限定絵柄トレカ付き)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
いやぁ、面白かったですね。
愛嬌たっぷりの5人だからこういった一般人と絡むような番組は得意分野なんでしょうね。
出来れば、鶴瓶さんの「家族に乾杯」への出演が期待されますね。

ももクロの巻き込む力を実感出来るような番組でしたね。

それにしても、国立に行ったモノノフが出てきたのは驚きましたね。
これが10万人を動員するって事なんでしょうねぇ。
こんなところで国立ライブの凄さを感じました。

そして感じたのは老人はともかく、以外な年配の人達も、ももクロを知っている事でした。
正直、AKBなどのトップクラスのメンバーでも判らない人は多いでしょうね。
これは別にももクロが上だとか下だとかいう話ではなくて、kwkmさんの戦略勝ちでしょうね。

ももクロをよく観てる人なら判ると思うんですが、ももクロChanなどの例外を除いて、テレビ出演の時は必ずと言っていいほどステージ衣装で出演していますよね。
番組によっては私服もしくは私服風のファッショナブルな格好をしても良いはずなんですが、多少番組的に合っていなくても頑なにステージ衣装で通していますよね。
夏菜子は結局メレンゲは最後までステージ衣装で通しましたけど、正直浮いてる事も有りましたよね(笑)。

でも、あれはkwkmさんの戦略だと思うのですよ。
まず、色で覚えて貰う。
いくらAKBが人気があると言っても名前をフルネームで一般の人が言えるのは限られたメンバーでしょう。
そして、色とりどりのメンバーを観るとももクロと認識させるように徹底した戦略なんでしょうね。

佐々木彩夏ももクロもまだ、人気が出ていない頃はステージ衣装以外に制服風の衣装(AKB風)で出ていたけど、経費的には掛からないけどあれでは個人を印象づけるのが難しいと思ったのでしょうね。
ももクロが売れて以降、色別のメンバーカラーを強調するアイドルグループは増えたけど、ももクロほど徹底してる所は少ないでしょうね。
自然と派手な衣装とメンバーカラーでももクロと漠然と認知されるようになったんでしょう。

同じことを考えてる運営は多いと思うけど、ちゃんと徹底してるかどうかでしょうねぇ。
流行りだからと言ってメンバーカラーを設定しても徹底しなければ意味が無いってことでしょう。
この辺はももクロのメンバーが凄いって話ではなく、運営がどこまで我慢して設定を守れるかって事でしょうね。
そして、ダメだと判ったらすぐにそれを撤回出来る柔軟さでしょうね。

それにしてもタケちゃんマン衣装は汎用性が高いなぁ(笑)。