<AKB48総選挙>さしこ連覇へ首位スタート 生駒は56位 (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース
人気アイドルグループ「AKB48」の37枚目のシングル(タイトル未定、8月発売)の楽曲を歌う選抜メンバーをファン投票で決める「第6回AKB48選抜総選挙」の投票速報(中間発表)が21日発表され、HKT48チームHの指原莉乃さんが暫定首位に立ち、史上初の連覇へ向けて好スタートを切った。 ...

AKB48総選挙公式ガイドブック2014 (講談社 Mook)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
いやぁ、昨日は更新無くてすいません。
実はまた腰の痛みが再発(-_-;)。

今年も総選挙の季節なんですねぇ。
どうやら今年も指原さんが速報で1位らしいですね。
まあ、そうでしょうねぇ、

基本的にAKBには2面性があって、国民的アイドル(とりあえずいろいろ文句はあっても1位)の部分と地下アイドルがありえないくらい巨大になった側面を持ちます。
握手会を未だに続けてる事なんかまさに巨大な地下アイドルな訳です。

その反面、テレビに出まくり、当たり前の用に1位を取る国民的アイドル(とりあえず文句は(以下略))な訳です。
総選挙っていうのは実は地下アイドル時代の影を引きずったイベントだと思うのです。
CDを1枚買えば1票で何枚でも買えてひとりで何票でも入れられるなんて普通に選挙だと考えるとおかしな話なんですが地下アイドルの世界ではその娘を支えるのは売上というシビアなものだから別におかしな話でもない訳です。
まあ、ヲタクの論理では別におかしな話ではない訳です。

しかし、AKBは国民的アイドル(とりあえず文句は(以下略))な訳でテレビに出まくり、全国津々浦々にファンがいる訳なのです。
ひとりで何百枚も買う太いヲタクが居る反面、1枚しか買わないライトな(果たしてこれがライトなのかは別にして)ファンも沢山いて、そして増えている訳です。

ライトな層は何を支持するかっていうと、単純に言ってしまえばテレビに良く出ている人、もしくはテレビで面白い人になる訳ですね。
そうなるとAKBの中で一番タレント力が高い、指原さんが1位になるのは実は必然なんですね。
いろいろ、反論はあると思うのですがアイドル力が高いのは渡辺麻友さん辺りだと思うのですがテレビでの立ち回りに関しては指原さんの足元にも及ばないでしょう。

指原莉乃つまりAKBがアイドルグループであるにも関わらず、人気があり続ければアイドル力の高いメンバーよりもタレント力の高いメンバーが有利になってくるんですね。
当然、AKBの上位メンバーがタレント力の高いメンバーが占めるようになるとアイドルとしてのAKBの価値は下がってしまうんですね。

そうなるとAKBが売れれば売れるほど太いヲタクの不満は高まる訳です。
まあ、指原さんが1位でいる間はAKBの人気は続くんだけど、ヲタクのみなさんの不満は貯まる構造なんですね。
人気とヲタクのみなさんの満足度が良いバランスになるのはAKBの場合、CD売上で言うと100万枚ぐらいじゃないかなぁ。
最近少し、AKBのCD売上は多すぎてバランスを崩しているように見えるのは私だけでしょうか…。
まあ、今回もCDの売上は順調と聞いているので今回も指原さんがセンターじゃないんですかねぇ。