<iPhone6発売>携帯各社、消耗戦の恐れ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
国内3社のおサイフケータイはソニーが開発した「フェリカ」という仕組みを採用しており、アップルペイと異なる。将来、決済サービスをめぐる覇権争いが起こる可能性もある。 ...

iPhone 6 Plusケース, SpigenR [ スリム+保護力+個性 ] スリム アーマー Apple iPhone (5.5) アイフォン 6 プラス カバー (国内正規品) (エレクトリック・レッド 【SGP10902】)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
ももいろフォーク村に関しては再放送を見てから改めて書きたいと思います。
曲数が多すぎるし、smartで観てるので録画出来ないのでもう一度見てから…。

ということで無事、発売日に手に入ったiPhone6Plusについて…。
元々iPhone5からの機種変です。
auだったので発売前にファストクーポンなるものを貰っていたので優先的に手に入れられたようですね。
ただ、いつ手に入れられるのかのメールが当日の朝8時ごろで実際、自宅へ届いたのが1時間後というタイトなスケジュールでした。(実際は運送会社の出荷メールで前日の夜10時には届くのが判っていた)
相変わらずauの対応には問題あるよね。

さて、第一印象は、月並みだけど「デカっ」って感じですね(笑)。
しかし、意外にも慣れるものですよ。
もちろん今まで通りの持ち方ではないし、両手を使わなければならない場面も多くなります。
大きさに関しては事前の情報等で判っていたので折込済みって事もなれてしまえは許容出来る範囲ですが個人的には「重さ」のほうが気になりましたね。
長時間持つのにはちょっと重い。

普段持ち歩くのは正直デカいけど、ポケットから頭が出てもいいのなら何とかなるかなって感じですね。
ただし、カメラ側を上にするとポケットからレンズ部分が出る感じになるので盗撮とか疑われそうなので下にしておいたほうが無難ですね(笑)。
まあ、思いっきり目立ちますけどね。
バック等があるならばもちろんバックの中に入れておいたほうが無難ですね(笑)。

しかし、それでも私はiPhone6Plusをオススメします。
なぜなら、大画面はジャスティス!

大画面での操作になれると元の大きさには戻れない。
一時間もiPhone6Plus操作してからiPhone5の画面に戻るとあまりの窮屈さに驚きます。

多分、多機能電話としては大きすぎるのでしょう、しかしネット端末や小型のコンピューターとしては大画面が正解なんでしょう。
スマートフォンを電話と捉えるか、ネット端末として捉えるかでiPhone6Plusの評価が別れるんでしょうね。
個人的には可搬性を捨ててまで大画面を選びました。
今回、もうひとつのiPhone6に関しては個人的には両方のいいところを取ろうとして中途半端になってしまったと個人的に感じましたが、電話としてみるとギリギリの大きさでこれ以上の大きさは考えられないでしょうね。
ただ、アンドロイドなどの最新機種を観ると大画面のトレンドは止められないんじゃないかなぁ…、そこに今回のiPhoneがトドメを刺した感じですね。
外よりも自宅で使うことが多い人は買いだと思います。
逆にカバンなどを持たないで外で使うことが多い人はiPhone6などがいいかも。

でも、デカいし、重い。
せめて重さだけでもどうにかならないかなぁ…。

ジョブズあと、au版iPhone5からau版iPhone6Plusにして劇的に変わったのは電波の状態。
いろんな所で計測してないからはっきりとは言えないけど800MHzが使えるので繋がり易くなるなると思われるし、何より自宅での下りの通信速度が40Mにまで上がりました。
ヘタすると自宅のWi-Fiより早いかも(^_^;)

AppleWATCHに関してはiPhone6Plusのような大きな端末をカバンから出さずに通話やメール、通知などを受けるものって感じなんでしょうね。
でも腕時計で通話するのって傍からみると結構マヌケな感じだよねぇ…。

今ひとつスマートフォンもコンセプトがひとつのものでは対応が出来なくなって来た感じ。
ライフスタイルによって使い分ける感じになるんだろうけど、そろそろ次の発明が欲しいところですね。
今、一番それに近いのはやっぱりグーグルグラスなのかなぁ…。
超えなければいけない壁は沢山あるけど一番、次のデバイスとしては正しい気がします。