少女と傷とあっためミルク   ~心ない言葉に傷ついた君へ~あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
尊敬する人って誰ですか?
うーん、人によって違うんでしょうね。
歴史上の偉人とか戦国武将とかが多いのかな?、人によって両親の名前を上げる人も居るのかな?
きっとあーりんはあーりんママを挙げるんでしょうねぇ。

さて、私はというと時の流れによって色々な人に変わっていきましたねぇ。
多分、最初は幼稚園の頃に仮面ライダーから始まってるような気がします(笑)。
でも、尊敬する人が変わっていっても個人的には共通する部分があってそれは、戦ってる人ですね。
戦っていた人では無くて戦ってる人。
現在進行形で戦ってる人に憧れて尊敬してしまいます。
気がつけば無駄に年を取り、尊敬する人も年下の人になることも出始めました。
そして今、一番尊敬できるの人を選ぶのであれば、優柔不断ですいません、二人になります。

ひとりは「はるかぜちゃんこと、春名風花」。
知ってる人は知ってると思うけど、子役出身のタレントさん。
確か、今中学2年生だったっけな?
小学生からTwitterを始めその子どもと思えないほどのしっかりとした文章、考え方でいろいろな思いをTwitterで発進しています。
子役としてのタレント活動以外にもTwitterをまとめた本なども出版しています。

しかし、悲しいかな彼女には沢山のアンチと呼ばれる偏狭な人たちが彼女を誹謗中傷しています。
確かにたまにそれは綺麗事過ぎる意見ではないかと思う時もあります、でも子供が綺麗事を言った時にそれを大人が支持しなくてどうするんですか。
子供が理想を語ることを社会が応援しなくてどうするんですか。
過酷な現実なんて後で自分で気付ばいいのにねぇ。
しかし、実際には彼女は多数の大人と戦っています、しかも出来るだけ感情的にならないように誠実に対応しています。

このブログもアンチの書き込みに埋め尽くされた事がありましたがとても冷静には対処出来ませんでしたね。
しかし、彼女は出来るだけ冷静に誠実に時にはユーモアを交えて対応しています。
あれは大人でも出来ないっていうか普通ではなかなか出来ない対応ですよね。
たまには弱音を吐きながらも今日もTwitterを続ける姿勢は年下ながら尊敬に値すると思います。
未だにあれは母親が書いてるなんて言ってる人がいるけどきっと子供は自分よりバカって認識なんでしょうね。
年齢を重ねれば知識は増えるけど、頭の良さとは別なのにねぇ…。

そしてもうひとりは百田夏菜子(れにちゃんじゃなくてごめんなさい)。
いやぁ自分の中のリーダー像を変えてくれた人ですね。
組織を引っ張るのがリーダーだと思ってました。
強力なリーダーシップで人を従えるのが正しいリーダーシップだと思ってましたが、彼女は全く違っていました。
その強烈な人間的魅力で彼女の為に何かをしたいとむしろ周りが集まってくる。
引っ張るのではなく、支えたいと感じさせる。

百田夏菜子彼女という神輿を担いで組織が動くって感じですね。
しかも神輿の上で踏ん反り返ることもできるのに先頭で努力を続けてる姿勢はただただ頭が下がりますね。
彼女の笑顔を観たいと人が動くって凄い事ですよね。
そしてその結果周りも笑顔になれる。
うーん、本当に漫画の主人公みたいな人だよねぇ。
夏菜子と愉快な仲間の冒険はまだまだ続くって感じですかね(笑)。

尊敬って言うよりも憧れかも知れませんねっておっさんが言うセリフじゃないね(笑)。
でも尊敬する人に年齢は関係ない、戦ってる人は美しい!