Driver Boosterのダウンロード : Vector ソフトを探す!
最新ドライバへのアップデートで障害・競合・システムクラッシュからあなたのパソコンを守る ...

(無料電話サポート付) できる Windows 10 (できるシリーズ)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
今回はももクロやアイドル関連を期待して来た方はすいません、今回はある意味狭い範囲の方を対象にした内容になっています。
具体的に言えばWindows10にバージョンアップされた方もしくはWindows8にバージョンアップした所無線LANの接続が『制限あり』と表示され不安定になったり、繋がらなくなってしまったりした方なら解決出来るかも知れません。
そしてさらに言えばLenovoのGシリーズを使っていて上記の症状が出ている方は意外に解決できる内容になるかも知れません。

ネットを検索してみるとWindows8や10にバージョンアップした所、無線LANが『制限あり』になったり、接続自体が出来なかったりする方が沢山いるみたいですね。
様々な原因が考えられます。
主にネットで解決法とされてるのは以下の方法。
●とりあえずパソコンやルーター、モデム等を再起動してみる。
●Windowsの設定で電力を省電力からハイパフォーマンスにする(特に内蔵電源のみで使ってる型)
●ルーターのチャンネル設定を変える(詳しくはルーターの設定や説明書を参照してください)
●IPアドレスの取得を自動から固定にする。

大体、この辺が出てくると思います。
実は上記の方法はすべて行ったのですが残念ながら私の場合、一時的に改善したように見えても治るところまではいかず暫くすると再発するという事でかなりイライラした一月弱を過ごしました。

Windows7に戻すことも検討したほどでしたがどうやらネットワークアダプタのドライバーの問題らしい事に気が付きました。
いや、ネットワークアダプタのドライバーが対応してないんじゃないかということは初期の段階から怪しんでいたのですがLenovoのサイトのサポートページを観ても新しいドライバーなどは見つからなかったので諦めました(T_T)。
しかし、ネット上を更に調べていると下記のサイトで解決法とするものが載っていました。
ZTMSブログLenovo G500 Wi-Fi「制限あり」
Lenovo G500 (Windows8.1) で自宅Wi-Fiが「制限あり」とか「接続が制限されています」と表示されて、まったく繋がらない。暗号キーを入力して、IPアドレスの取得(DHCP)まではできたようだが、無線LANルーターにpingも通らずインターネットにも繋がらない。無線ルーターの管理画面を見てもエラーらしきものは特に見当たらず、普通にIP払い出しが済んでいるもよう。別のノートPCからは問題なく使えていたのだが?? Google先生に聞いてWLANドライバ更新とか固定IPを試したりPC初期化とかいろいろやったが、まったく改善せず諦めかけていたところ・・・ ...

要するにLenovoのGシリーズの場合ネットワークアダプタの製造元が「Broadcom」になってる事が多いと思われます。
このネットワークアダプタのドライバーのWMMという機能をDisabledして止めてしまうというもの。
Windows10手順は以下の通り。
スタートボタンをクリック→設定をクリック→ネットワークとインターネットのウィンドウが開くのでまずイーサネットをクリック→ネットワークと共有センターをクリック→ネットワークと共有センターのウインドウが開くので接続:ワイヤレスネットワーク接続をクリック→ワイヤレスネットワーク接続状態のウィンドウが開きます→プロパティのボタンをクリック→ワイヤレスネットワーク接続のプロパティのウィンドウが開きます→ネットワークタブのままで構成ボタンをクリック→Broadcom 802.11n Network Adapterのプロパティがウィンドウが開くので詳細設定タブをクリック→左側のプロパティ(P)の中のWMMをクリックしてハライトさせる→右側の値(V)のプルダウンメニューからDisabledを選択。→下にあるOKボタンをクリック。
大体の方はこれで治るかも知れません。

LenovoのGシリーズネットワークアダプタのドライバーのWMMという機能をDisabledして止めてしまうというという手順が難しいとか設定とか演ったこと無いんで怖いという方は上記の手順をすっ飛ばして下記の方法を試したほうが簡単かも。

上記の手順で私の場合も治ったかと思ったのですが1日でまた『制限あり』になって接続が不安定になってしまいました。
でもお陰でネットワークアダプタ周りの問題だと言う事が判りました。
Broadcom 802.11n Network Adapterのプロパティのドライバータブのドライバーの更新も試したのですがドライバーは最新ですと言われて新しいドライバーには更新できませんでした。

ビル・ゲイツそこでこのページの上段にある引用先のベクターから『Driver Booster』というソフトをダウンロードしてインストールします。
この『Driver Booster』というソフトは要するにWindowsに組み込まれてるドライバー類を精査して最新の物があればダウンロード、インストールしてくれる優れ物です。
ちゃんと復元ポイントも作ってくれるのでインストールして挙動が不振になっても戻すことが出来る至れり尽くせりなソフトです。
『Driver Booster PRO』っていう有料のモノもありますが今回の場合無料版の『Driver Booster』で十分です。
インストールして実行するとパソコンに寄っては多数のドライバを最新にするかと聞いてきます。
全部最新にするも、お目当てのドライバーのみ最新にすることも出来ます。
このソフトで最新のBroadcom 802.11n Network Adapterドライバーにした所、接続が安定して『制限あり』の表示は出なくなりました。

まあ、終わってみればネットワークアダプターのドライバーがWinndos8や10に対応してなかったって事みたいです。
つまり、Windows8や10にアップデートして『制限あり』になった場合は『Driver Booster』を使ってネットワークアダプターをドライバーを最新にすれば簡単に治るかも知れません。
LenovoのGシリーズの場合は更にその可能性が高いです。

結構、困ってる人も居るようだから情報の共有に意味でエントリーを書いてみました。
治ると良いですね(*^_^*)
※今回のエントリーの内容は上手くいかなくても責任は取れません。
自己責任でお願いします



Windows10にしてネット接続が不安定になってる人への続きの話というエントリーを書きました。
まあ、今回の結論の様なものです。