うーん、今日は昨日が夏菜子の一日警察署長の話題で一色だったのですが明日はももクノなのでリハーサルとか打ち合わせとかしてるだろうからメンバーの動きは無いでしょうね。
という訳で今日はももクロの妹分のグループについての話。


こちらは五五七二三二〇名義

エビ中はある意味ももクロの妹分と呼ばれるのは気の毒だよねぇ。
しゃちほこやたこ焼きレインボー辺りは確実にももクロの影響下にあるから妹分と言われても仕方がないし、それを売りにもしてるんだけど、エビ中はどうなんだろうね?

そんなにエビ中は詳しい訳ではないけど、個人的には大きく変わったと感じたのはかほりこの二人が加入してからでしょうね。
大会場を埋めたとはいえどこかまだ、レッスンの延長的な部分があった(それが良かったって人も居たかも)のが二人の加入で一気にアイドル側に振り切ったように思えます。
校長も色々と面白い企画をやってると思う。
スターダストはマネージャーがプロデューサーを兼ねてるような所があって、ある意味やりがいはあるけど大変そうですね。

Mステに出て爪痕を残すことに成功したし、五五七二三二〇(ココナッツサブレ)はある意味ももクロより先にバンドを組んで発表をした。
今回の『ポンパラ ペコルナ パピヨッタ』 も思い切った作品で面白いと思う。
あえてエビ中名義でないのもちゃんと配慮されてると感じるしね。
ただ、残念なのはいつもそれが点で終わってしまうこと。
ももクロのようになかなか次に繋げられないところでしょうね。
メンバーのキャラも立ってきてるし、校長の手腕に期待したいですね。
3BJunior

最近、にわかにモノノフの視線に入ってきたのが新生3BJuniorある意味まだ海のモノとも山のモノとも判らない感じですが目立つメンバーと目立たないメンバーに別れて来ましたね。
ある意味、kwkmさんのLoGiRLに出たメンバーは注目株なのかも。
まあ、厳しい世界だから3BJunior全員が売れるって事はなく、デビューが決まってるキング組(仮)以外は各ユニットメンバーチェンジもあるんじゃないかな?
新しいユニットの可能性だってあるだろうし…。
ももクロも今の形になるまでには何回もメンバーチェンジがあったからね。
ユニットの再構成とか分裂統合、解散などまだまだ先は長そうです。
ばってん少女隊

可愛い娘を揃えて来ましたねって言うのが第一印象。
さすが福岡は昔から沢山のアイドルやタレントを排出してる地ですね。
ただし、ちょっと可愛いだけで揃えすぎたようにも感じます。
これからではあるけど、グループには色々あるからね。
4番打者ばかり集めたからといっても強いチームになるとは限らない。
メンバーがそれぞれの役割を見つけられるかがカギになりそう。
将来、何人か脱退しそうって言ったらファンの人に怒られるかな?
ある意味、3BJuniorより売れそうな気がするけど地の理では3BJuniorの方が有利でしょうね。
福岡という地域的ハンデをどこまで跳ね返せるかでしょうね。

さてここまで書いたところでももクロの今年のももクリの詳細が発表されました。
うーん、これはハードル高いねぇ…。
長渕剛の富士山コンサートもハードル高かったけどそれを超えるハードルの高さです。
オールスタンディングって事だけど雪だと地面に座るわけにもいかないだろうし、野外だから風を遮るものもない。
玉井詩織最低、ライブチケット代+3000円のバス代はかかるって事ですかね。
もちろんそれ意外にも交通費や宿泊費が掛かる。
ツアーの2泊はあくまでも前乗り後泊ってだけで2日見れるって訳ではないんですね。

これはいろんな意味で厳しいねぇ…。
どのぐらい集まるのかな?
各回1万人ぐらいかな?
それ以上集めるのは難しそう…。
これはチャレンジなのか無謀なのか…。