エイベックス、JASRAC委託やめ自社系列に : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
音楽大手のエイベックス・グループ・ホールディングスは約10万曲の管理について、日本音楽著作権協会(JASRAC)への委託をやめ、同社系列の「イーライセンス」に委ねる方針を決めた。 AD2.init(ads.p_rectangle); AD2.cAds(); AD2.dBanner(0,'prect');#rect-l{position:relative;left:-5px}  16日、エイベックスへの取材で分かった。同社傘下の音楽出版社が扱う約10万曲のうち、権利者の合意を得たものから、コンサートなどでの演奏権を除く著作権管理について、移行させていくという。 ...

ももいろクローバーZ 桃神祭2015 エコパスタジアム大会  LIVE Blu-ray BOX【初回限定版】あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
さて、男祭りは結局のところ当初の通りに行われることになりそうですね。
市長は結局、抗議を受けスターダストに申し入れをしたという実績を残し、女性団体は抗議をしたという事で満足。
何一つ現状は変わってないけど嫌な思いだけをして大人の決着って事で話は終わりそうですね。
まあ、今回も怪盗少女たちは大人が仕掛けた罠をすり抜けたって事なんでしょうか?
怪盗少女はステージでは巫女として舞い、歌いそして大地の神を鎮め、観客のハートを盗んでいくのでしょう。

さてさて、話は変わるんですがJASRACからエイベックスが離脱して独自の管理団体で著作権管理をするそうですね。
まあ、音楽ビジネスもCD1枚売って終わりではなくそれ以外の権利関係が利益を生み出すって事なんでしょうね。
CDの時代が終わりそれに付随する権利関係の利益が音楽ビジネスを左右するって事になるんでしょうね。
まあ、人気のないアイドルに限ってCDの売り上げに拘るけど、もうそんな時代ではないって事なんでしょう。

直接は関係のない話ですがkwkmさんからこんな話が…。
前にも書いたことがあると思うんだけどももクロのブレイクには色々な要因があるんだけどその一つにYoutubeが挙げられると思う。
テレビやネット、雑誌などで興味を持った人がYoutubeの動画を見てハマったって人は多いと思う。
ももクロのシンデレラストーリーをリアルタイムでなくてもYoutubeの動画で追体験が出来た。
しかし、現状はYoutubeの動画は昔のようにファンを増やすツールとしては使いづらい。
アフィリエイトの影響なのか、テキストを映しただけの動画もどきや古い動画を繰り返し上げる人が増え、本当の意味で探してる動画にたどり着くのは難しくなってる。
違法動画は事務所にとっては痛しかゆしで宣伝になる場合は良いがDVDを丸ごと上がるような事をされるとDVDが売れなくなってしまう。
テレビ番組も同様。

テレビをコントロール出来るほどの権力があれば良いのですがほとんどの芸能事務所はそんなことは出来ない。
ももクロはUSTREAMに力を入れすぎてるんじゃないかって意見をたまに目にする。
ニコニコとかのほうがいいんじゃないか?って意見も耳にする。

玉井詩織でも、kwkmさん的にはUSTREAMのほうが管理しやすいんじゃないかな?
ニコニコは強力な動画サイトだけど、コメントや違法アップロードなどもあって管理が難しい。
だから管理しやすいUSTREAMで24時間テレビや今回のようなライブDVDの放送を行ってるような気がします。
Youtubeやニコニコでは権利関係を守るのは難しいって思ってるのかも。
もちろん、その都度適したメディアを使い分けるべきではあるんでしょうけどね。

握手がらみ以外のCD売り上げが絶望的に悪くなってる現状ではいかに権利関係を確保するかが芸能事務所やレコード会社(今時レコードも売ってないのに)の生き残りを左右するんでしょうね。
数年前まではCDの次は配信の時代が来るかと思ったけど、音楽ビジネスが拡散して権利関係を上手に管理したところが勝ち残る時代が来るんだろうねぇ。