AMARANTHUS【初回限定盤(CD+Blu-ray)】あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
更新を2日ほど休んでました、すいません。
正直、更新の時間が取れないで睡眠時間を削ってる状況です、トホホ。
しかし、今日は病院の定期検査で一日潰れてしまったけど通常よりは余裕があるので更新できます。

本当は私の住んでる地域は土曜日にならないと「What is ももクロ?」が観れない地域なのですが、埼玉在住の友人から録画したDVDを借りて観てしまいました。
うーん、なかなか泣ける内容でしたねぇ。
でも、泣けるという意味では「はじクロ」の方が泣けたかも。
まあ、その原因を考えてみると、全体の1/3から半分ぐらいは「はじクロ」と同じだったのでインパクトが「はじクロ」にはあった。
そしてこれが大事な部分だと思うのだけど、「はじクロ」がももクロの歩んだ道をなぞったももクロの「過去」を主題としてるのに、「What is ももクロ?」は未来志向というか、先に繋げる内容になってるんですね。

まあ、ドームツアーを見据えた編集になってるからなんだろうけどね。

個人的には今までを第一章、第二章に分けていたけど個人的には国立で一回区切って、第三章が終わりこれから第四章が始まるって方がしっくり来るかな?
DOME TREKはADVENTURE(国立)を終えたももクロが次に目指す誰も観たことがない世界への旅立ちでもある。
女性アイドルとしてはまだ誰も踏み込んだことのない領域。
誰も踏み込んだことのない世界だからこそ、順当な道ではないでしょう。
挫折だってあるかもしれません。
でも、「What is ももクロ?」を観た人なら、あの5人なら大丈夫と思えるでしょう。
どんな壁だって乗り越えてきた5人だし、カウントダウンライブを観れば判るようにイザとなったら駆けつけてくれる仲間もいる。
彼女達なら大丈夫と確信を持ってファンなら言えるでしょうね。

高城れに (2)それにしても、Twitterなどで「What is ももクロ?」を観て感動したとか、ももクロを見なおしたってツイートが沢山あったけど、こういった物ってちょっと前はYoutubeの動画が果たしていた役割だったのに、最近は文字だけとかあからさまなアフィリエイト目的のモノが増えてしまいYoutubeもその機能を果たしてない事が増えて来ましたね。
キー局で「What is ももクロ?」を流せれば一番良いんだろうけどまず無理だと思うので、少し経ってからで良いのでこういった動画をオフィシャルサイトとかで観られるようには出来ないのかなぁ。