ももクロ画談録あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
上記はヒャダインの番組にゲストに出た只野菜摘さんの肉声。
ももクロの元々メインの作家と現メインの作家の対談。
最近、インタビューなどを受けることも多くなってきた只野さんですが肉声は初めて聴きました。

確かに二人とも歌詞は文字数が多いですねぇ(笑)。
しかも只野さんというと難しい言葉が多い印象です。
ももクロちゃん達は果たして全部意味が判ってるんでしょうか(笑)。
なにせ、シュプレヒコールで飛行機のポーズの取るリーダーの居るグループだからなぁ…(笑)。

(スマホでは再生が出来ないみたいです、残念)
玉井詩織上記はももクロのベトナム2日目のステージ。
杏果はやっぱり不調な模様。
喉はベトナムは花粉が無いと思われるからゴーを出したのかも知れないけれど、中耳炎の影響か音が取りにくそうでしたね。
まあ、ダンスだけにしておけって意見は当然あるだろうけど、杏果的には歌いたかったんじゃないかなぁ。
なにげにあーりんが歌詞間違えていたけど(笑)。
海外に行くとアニメの歌のレパートリーが多いのは武器になりますね。
ももクロを知らなくてもアニメを知っていれば容易に懐に入ることが出来るからね。
そして、もう一つ、ももクロには武器があった。
それは「笑顔」。
若干の現地語でのMCはあったもののほぼ、休憩無しの連続にも関わらず、ずっと笑顔だったのは良かったと思う。
言葉が通じないハンデを笑顔で補っていたと思えました。
ももクロの笑顔は世界の共通語になれると思います。