【早期購入特典あり】ももクロ男祭り 2015 in 太宰府 LIVE DVD (B3サイズポスター付)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
申し訳ありませんでした。
体調が今一つだったので早く寝るようにしており更新出来ませんでした。
今日は少し早めに更新します。

休んでる間の大きなニュースと言えば若大将フェスになるのかな?
マスコミには思ったより大きく取り上げられていましたね。
うーん、これが若大将パワーなんでしょうか…。
しおりんが貰ったギターは桑田佳祐が貰ったギターと同じモデルとの事。
短い期間でちゃんとギターを弾いて見せたのはさすが器用なしおりんですね。
まあ、起用と言ってもその裏ではきっと努力をしてるんだろうね。
そんな素振りも見せない所がしおりんらしいと言えばしおりんらしい。
若大将フェスでは「渚のラララ」を演ったようですね。
いきなりの夏菜子のソロ曲ですが、作詞作曲が加瀬さんなので加山雄三さんとの関係を知っていれば、ある意味良い供養になったのかも。
どうしても一般的にはしおりんと加山雄三さんの若大将繋がりが強調されてしまうけどこういった加瀬さんとの繋がりを大事にする所も、ももクロらしいですね。

ももクロが楽器を始めた時は正直、あれだけ忙しいのにこれ以上負担を掛けるのも少し可愛そうだなと思っていたのですが、フォーク村や色々なアーティストのコラボを観る限り、単なるアイドル歌手ではなく、音楽の世界へアイドルのまま飛び込むパスポートになったような気がします。
楽器が出来るということで音楽の幅も広がったと言うか音楽の世界への扉を開くきっかけになったのかもしれません。
ピアノ、ギター(エレキ含む)ドラムと揃うと誰かベースが出来ればバンドが組めるのになんて考えるのは欲張りすぎかなぁ…。

玉井詩織 (2)ももクロがアイドルのまま音楽の世界に飛び込もうとしてるのに比べると、個人的に少し残念に感じるのはBABYMETALが当初、「アイドルとMETALの融合」と言っていたのすっかり、「ちょっと変わったMETAL」になってしまったのは少し残念。
海外進出を第一義に持って行ったから仕方が無いとはいえ、当初の遊び心が少なくなってるのは個人的に急速に関心が薄まってしまった原因かなぁ。
もっと幅を持たせることが本当はできた様な気がするけど、まあ海外では成功してるようなのであれはあれで成功なんでしょうね。
まあ、こんな事を書くとまたBABYMETALの悪口を書いてるとか誤解する人が出てくるんでしょうねぇ。
自分の趣向とは違ってしまったと言う事であって今一つ踏み込めないって感じかなぁ。
もう少しMETALとか詳しければ少しは違う感想になってるのかも知れませんね。

まあ、ももクロの面白い所はアイドルのまま、音楽の世界に足を踏み入れてる所だと思うのです。
アイドルからアーティストへシフトチェンジする人は多いけれど(殆どが上手く行かない)アイドルのままその世界に踏み込むのは珍しいですね。
珍しいからこそ、これからどうなるかは全く判らない所はある意味、ももクロらしいですね。

ももクロのミュージシャンに限らず、色々なイベントや歴史、人物、文化などともコラボしていますがももクロが共通していたのはいつでもアイドルとしてコラボするって事。
確かにアイドルというのはある意味、ジャンルとしては中途半端で何かを極める訳では無いのですが、その変わりどんなジャンルとも向き合える自由なポジションである事を最大限、有効に使ってる事ように感じます。
「なんでも演るのがアイドル、なんでも出来るのがアイドル」だって事を一番感じさせてくれるのが僕にとってはももクロなんですね。