ももいろクローバーZ chibi-arts 有安杏果あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
杏果の横浜アリーナはファンクラブ先行発売はどうやら落選祭りの模様。
ももクロの人気もピークを過ぎたなんて意見もあるけど、杏果のソロコンサートで横浜アリーナがいっぱいになるぐらいでピークを過ぎたというならピーク時はどれぐらいの動員だったんだろうね(笑)。
特に首都圏での人気は圧倒的ですね。

ただ、それ以外の地方になるとなかなか動員は苦労する機会も多いのも事実。
ドームツアーを行い、横浜国際総合競技場を埋めても、トークショーが売り切れなかったりする。
まあ、他のアイドルも地方では苦戦してるので同じといえば同じなんですけどね…。
正直な話、まだまだ地方ではAKB系の方が強いんじゃないかな。
これは両グループの戦略の違いが大きいかと思われます。
やはりYVや雑誌などの露出が多いAKB系は地方に強い。

ここの所のアイドル界の流れはライブアイドルが中心でそれこそAKBがその先駆けだったのですが、他のアイドルはAKBほど芸能界での力も財力も無いのである意味独占状態ですね。
杏果の横浜アリーナも単純にソロコンサートを開いたから埋まった訳ではない。
ここ数年前からももクロの将来を見越して個人活動を視野に入れて音楽関係に力を入れた成果だと思います。
フォーク村がなければ今回の横浜アリーナソロコンサートも無かったでしょう。
ちゃんと種を蒔いて今回花が咲いたのです。

地方でのトークショーであるロケハンは、メンバーが揃わないといった事情があるのは事実ですが、ドームツアー後の種まきの第一歩でしょね。
さらに拡大解釈すれば夏菜子の朝ドラも全国へ向けたメッセージになるでしょうね。
夏菜子のドラマはももクロの地方拡大の先鞭になる可能性は高いでしょう。

有安杏果そういえば、とうとう朝ドラ「べっぴんさん」の撮影がクランクインしたそうですね。
慣れない関西弁、本来、左利きの夏菜子が右利きの演技(多分手芸のシーなどで手元が映る事も多い)などハードルは高そうだけど、夏菜子ならきっと乗り越えてくれるでしょう。
写真を見るとお箸を右手で持ってますね。
稽古でも主演の芳根京子さんと関西弁でしりとりをしていたそうです。

ももクロは次のステップへ向けて階段を登り始めています。
あーりんの横浜アリーナ、ももたまい婚など二の矢、三の矢も準備されています。
しばらくはももクロ人気がピークより下がることは無いでしょうね。