完全活用 Windows10 基本操作と便利ワザ360TIPS アニバーサリーアップデート対応あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
すいません、今回も、ももクロちゃんに関係ないネタです。
このブログで意外な記事が累計にすると結構なPVを稼いでる場合があります。
ももクロちゃん関係ない記事ではLenovoのGシリースでWindows10にして「制限あり」になってネット接続が不安定になってる人へという記事が継続的にPVを稼いでる様です。
要するに自分が困ってる時の体験談の共有はやっぱり強いんですね。
まあ、自分の体験が誰かの助けになるかもって事が今回のエントリー。

そういえば今日でWindows10の無償アップグレードが最後の日になる訳ですね。
という訳で今回もWindows10のトラブルネタです…。
久しぶりにMicrosoft Edgeを起動させたところ、以下の様なメッセージが表示されて起動すら出来ません。

「このアプリを開けません ビルトイン Administrator アカウントを使って、Microsoft Edge を開けません。別のアカウントでサインインしてやり直してください。」

その後、画像ファイルなども「このアプリは、ビルトイン Administrator アカウント ではアクティブ化できません。」と表示されて開けません。

ちなみに自分の環境を説明しておくとWindows7からWindows10にアップグレードしたHomeEditionです。
なぜEditionまで書いたかというとHomeEditionとProfessionalEditionでは解決方法が異なるからです。

調べたところWindows10ではアカウントは3種類ある様です。
まずローカルアカウント、Microsoftアカウント、ビルトイン Administratorの3つです。
大概の人はローカルアカウントで使ってると思いますが、Microsoftアカウントになってる方もいるかも知れないですね。
ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの切替はスタート→設定→アカウントで切り替えられるんでここではローカルアカウントである前提で話を進めます。
他のバージョンからWindows10にアップグレードしてアカウントが元々1つしかない場合、基本的にローカルアカウントで管理者権限になってる様です。

念の為に書いておくと混同しやすいのですがローカルアカウントの管理者とビルトイン Administrator は基本的に別物です。
ローカルアカウントが管理者権限になってるという人がいてもビルトイン Administrator とは別物なので注意。

「このアプリを開けません ビルトイン Administrator アカウントを使って、Microsoft Edge を開けません。別のアカウントでサインインしてやり直してください。」となぜ表示されるのか?
根本的な問題はよく判らないのですがローカルアカウントで管理者権限で実行してるにも関わらずWinndows10側はビルトイン Administrator として認識してしまう事によって起こるエラーの様です

HomeEditionの場合は結局、ローカルアカウントの管理者権限を標準の権限にするか、新しく標準の権限のローカルアカウントを増やして使うかすれば良い訳です。
新しく標準の権限のローカルアカウントを作る方法もあるとは思うのですがそれでは今までの設定などが引き継がれない場合があります。
やっぱり今までの環境を使いたいですよね。
という事で、現在のローカルアカウントを管理者権限から標準の権限に変更したいのですが、このままでは標準の権限にすることは出来ません。
なぜなら、管理者のアカウントがないと色々な設定の変更などが出来なくなるので絶対、管理者権限のあるアカウントは最低一つは必要なのです。
ではどうするのか?
ここで「ビルトイン Administrator」というのが出てきます。
ただ、ここで出て来ますと書きましたが実はこの時点ではWindows10のどこを探しても「ビルトイン Administrator」の表示はどこにもありません。
そうです、通常「ビルトイン Administrator」は隠されているのです。

それではどうやって「ビルトイン Administrator」を表示させるのでしょう?
それにはまず、スタートボタンを右クリック→コマンドプロンプト→そうするとDOS画面の様な黒い画面が表示されコマンドプロンプトが表示されます。
そこに以下のコマンドを打ち込みます。
net user administrator /active:yes
そしてエンターキーを押して後は開いてるウインドウをすべて閉じます。

そしてパソコンを再起動させると今まで使っていたアカウントと同時にAdministratorというアカウントが表示されます。
ここでAdministratorを選択して起動します。
そうするとシンプルなデスクトップが表示されると思います。
これがビルトイン Administratorで起動してる状態になります。

この状態でスタートボタンを右クリック→コントロールパネル→ユーザーアカウントで元々のアカウントとAdministratorのアカウントが表示されます。
元々のユーザーアカウントを選択してアカウントの種類の変更をクリック。
管理者のラジオボタンにチェックが入ってると思うので標準にチェックを変更します。
アカウントの種類の変更ボタンをクリックしてウィンドウを閉じて再起動すると元々のアカウントとAdministratorのアカウントが表示されるので元々のアカウントを選択して起動させてMicrosoftEdgeを開くと
「このアプリを開けません ビルトイン Administrator アカウントを使って、Microsoft Edge を開けません。別のアカウントでサインインしてやり直してください。」等のエラーが表示されなくなります。

あとはこのままでも良いのですが起動時にアカウントを選択する画面が出て来て鬱陶しく感じるかも知れません。
この選択画面を表示させないようにするには、スタートボタンを右クリック→コマンドプロンプト→そうするとDOS画面の様な黒い画面が表示されコマンドプロンプトが表示されます。
そこに以下のコマンドを打ち込みます。
net user administrator /active:no
そしてエンターキーを押して後は開いてるウインドウをすべて閉じます。

パソコンを再起動させると選択画面は表示されなくなります。
以上。

ビル・ゲイツ上記はHomeEditionの場合です。
ではProfessionalEditionの場合はどうするのでしょうとなった場合はHomeEditionと違って簡単です。
スタートボタンを右クリック→コントロールパネル→管理ツール→ローカルセキュリティポリシーを選択。
左側のセキュリティの設定→ローカル ポリシー→セキュリティ オプションを選び、右側の ユーザー アカウント制御: ビルトイン Administrator アカウントのための管理者承認モードをクリックして開いたウインドウで有効をチェックしてOKボタンをクリックしてウィンドウをすべて閉じてパソコンを再起動でエラーが表示されなくなります。

ふう、こんな感じです。
なかなか難しいですね。
Windows10は基本的に一般向けに設定に簡単な項目しかなく、細かい設定になると途端に見つけるのが難しくなりますね。
Windowsもバージョン10にもなったのに未だにコマンドプロンプトが必要ってっていうのはどうなんでしょうね?
まあ、ネット環境が当たり前になった今、検索で調べられるように共有するのは大切な事ですね。