「べっぴんさん」芳根京子 ももクロ百田が支え「背中押してもらっている」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
支えになっているのは、女学校の同級生役を演じる百田だ。 「夏菜子ちゃんとは一緒にいる時間が長いんですけど、パワフルで明るくて前向き。絶対に疲れているはずなのに表情に出さないんです。“大丈夫?最近寝てる?”と聞いても“大丈夫!寝てる、寝てる”と明るい答えが返ってくる」 昨年2月公開の映画「幕が上がる」でも共演しており、親しい間柄。ももクロのCDも購入し8月には初めてライブにも足を運んだ。 人気アイドルが女優としても努力している姿に「私も頑張らないとな…と背中を強く押してもらっている毎日です」と明かした。 ...

【早期購入特典あり】ももいろクローバーZ MUSIC VIDEO CLIPS [Blu-ray](メーカー多売特典:B3サイズポスター付)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
また、べっぴんさんネタかよって声も聞こえないでもないけど、来週に迫った夏菜子出演の朝ドラ「べっぴんさん」の放送が迫ったこの時期に今書かなくてどうするって気概であります。
うーん、感慨深いと思うのは管理人だけかなぁ…。
モノノフの皆さんなら知ってると思うけど、背中を本当に押して貰っていたのは他でもない過去の夏菜子本人だったんだよね。
目立つことが苦手な夏菜子がももクロのセンターを務め始めた頃は、一歩前に出るどころか一歩下がっているような娘だったんだよね。
ベアダーを最初に作った時スタッフたちは驚くだろうと夏菜子にベアダーを見せた時、思わず夏菜子は涙を見せたそうです。
あれを被るのが嫌なのかとスタッフは慌てましたが、その理由は自分だけベアダーを被って目立ちたくないというくらい消極的だったんですね。
無印のももいろクローバー時代は一歩下がってしまう夏菜子の背中を脱退した早見あかりが目立たぬように背中を押していたそうです。
そんな夏菜子も早見あかりがももクロを脱退し、沢山の試練と成功を収めることで成長したんですねぇ。
実際は背中を押した訳ではないけど、そう思って貰えるほど夏菜子は成長したんですね。
ちょっと長いのですが4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜』のナタリーの記事から夏菜子の言葉。
リーダー百田は「みなさんご存知のとおり、今日であかりんはももいろクローバーから飛び立ちます」と最後のMCを始めるが、涙ぐんで言葉に詰まってしまう。客席からの「笑って!」「笑顔!」という声援に励まされ、必死で笑顔を浮かべた百田は「サブリーダーとして、頼りないリーダーの私の背中をいつも押してくれたあかりん。私が悩んでいるといつもさりげなく手を差し伸べてくれて、私はあかりんがいないと本当に何もできないんだなと思いました。あかりんから脱退の発表を聞いたときは、帰りの車の中で2人で思ったこと全部言い合って、でも気付いたらいつの間にか笑ってる2人がいて。『あかりが辞めたら、夏菜子は何もできないから一番心配』って言われました。だからこれからは、あかりんに心配させないぐらいにがんばりたいと思います。負けず嫌いで頑固で絶対に自分の意思を曲げないあかりん。そんなあかりんが私は大好きです。ももクロ辞めてもあかりんとは一生ずっと付き合っていくつもりなので、これからもよろしくお願いします」とメッセージを届けた。        音楽ナタリーより

百田夏菜子今の夏菜子ならあかりんも心配する事はもうないでしょう。
あかりんに背中を押された夏菜子は今は周りの人の背中を押す存在になりました。
夏菜子のいう笑顔の天下こそ沢山の人の背中を押すような気持ちを届ける事なのかも知れませんね。

そうは言っても芳根京子さんも心配してる通り「大丈夫?最近寝てる?」って言いたくなりますよね。
そんな時にこそ夏菜子が言ったように道筋を照らすサイリュウムの様なモノノフでありたいと思います。

まあ、色々書きましたが10月からはほとんど毎日、夏菜子を地上波テレビで見られる楽しい毎日がまっています。たのしみですね(#^.^#)