いやぁ、今日は前回の記事に長めのコメントを書いたのでももクロ関係は今日はもう、良いかなぁ…。

mineoエントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
という訳で今回はiPhone6Plusの携帯電話の会社をauから格安スマホの会社に乗り換えた話をしたいと思います。
世間ではiPhone7の話題で持ちきりですが個人的には今ひとつな感じででした。
まず、個人的には防塵・防水はあまり関心が無かったです、そんな環境にiPhoneを持っていくことも無いですしねぇ…。
おサイフ機能はなかなか心惹かれるモノがあるんだけれど、自分の日頃の行動を考えるとどうしても欲しい機能ではないし、スマホケースにカード入れれば変わらないんじゃないかという気もする。
そしてiPhone7に惹かれない大きな理由は2つ。
ひとつはデザインが基本的に変わらない、そしてもう一つは壊れた訳でも、性能が劣ってきたと感じた訳でも無いのに新しいiPhoneにする必要があるのかって事。
いわゆる2年縛りが解けたのでどうするか検討した結果、iPhone6Plusをそのまま使って格安携帯会社に乗り換える事にしました。
まあ、単純にお金の節約になりそうだし格安携帯の回線にも興味があったしね。
私の場合、auのiPhone6Plusだったのでいわゆるシムロックを解除する事が出来ません、そうなると選べる格安携帯会社が限られます。
auのiPhone6Plusの場合2社から選ぶしか選択肢はありません。
UQmobileとmineのなのですがいろいろ検討した結果、mineoに決めました。
初めての格安携帯会社なのでサポートが良さそうなところにしました。
幸い加入時にデータ通信量6っヶ月0円キャンペーン中なので通話料を別にすると月1000円程度で運用出来る事になります(安いね)。
以下は回線の変更に伴ってやったことを時系列で並べて観ました。
12日 アマゾンにエントリーパックを注文(909円+送料350円)
   これで事務手数料が2000円程度安くなる。
   そのままでも手数料を気にしなければ買う必要は無し。

14日 エントリーパックをコンビニで受け取り

18日 auのNMPMNP転出窓口に電話するも10月1日NMPMNP変更だと残日数が1日しか残らないのでマイネオに確認するように言われる。
   マイネオのサポートに電話、NMPMNPの転出が10月1日の場合、20日ごろのNMPMNP申し込みとマイネオへの申し込みが良いとの事。

20日 再度auに電話。前回の電話は記録されてるようでスムーズにNMPMNP番号を発行できました。
   マイネオのサイトにて申し込み。
   申し込み自体は項目は多いものの難しい訳ではないですね。
   本人確認は健康保険証を使いました。
   サポートではマイナンバーカードはダメだと言っていたのですがサイトでは出来るように書いてあるんだけれど
   どれが正しいんだろう?この辺は統一して欲しいなぁ…。
   サイトの申込みが終わると最後に申し込みを完了させるメールが届いてその中のURLをクリックする事で申し込みが
   完結するんだけど、そのメールが届かず焦るしかし、迷惑メールフォルダに入っていました(-_-;)

21日 申し込み完了メール、これで審査は通ったって事で良いのかな?
   SIMと契約書は郵便と宅配便で届くとの事(宅配便は無事受け取れるかなぁ…。)
 
22日 SIMを出荷したのメール、続いて23日に宅配便でSIMが配達されるとメールがクロネコヤマトから届く。
   思ったより早い。
   日中は誰も居ないので近所のコンビニ受け取りに変更。
23日 宅配便でコンビニにSIMと説明書が配達され受け取る。
24日 郵便で契約内容通知書が届く

これで切り替えに必要なモノは揃いました。
ただし、auの契約更新月が10月のため、NMPMNPの変更は10月に入ってからおこないます。
それに加えauの解約の場合、「1日ルール」と呼ばれる言わば裏技的な方法があります。
1日にNMPMNP変更を行えばその月の料金は掛からないというものです。
要するにauとマイネオの電話料金を2重に払わなくて済むわけですね。
ただし、この1日ルールはauのシステムの不備を突いたものなのでいつまで成立するかは判りません。
約款的には当たり前だけど月末までに解約しないと次の月の料金はが掛かる(日割りはない)事になってます。
サポートの人に必ず確認してから行って下さい。
ダメでも当方は責任は取れません。
あえて月末付近に解約してマイネオに加入して容量を次の月に繰り越し(料金的には日割りになる)する方法もあるらしいです。
うーん、相変わらず携帯の料金は難しい。
ちなみにコンテンツなどの料金を携帯料金と一緒に払ってる場合は自動的に解約されるので注意。

高城れに結局、申し込みから1週間以上かかると聞いていたのですが、今回はトラブルも無かったので4日で契約可能な状態になりました。
電話とネットと宅配便という事で来店しなくても変更できるのは今風ですね。

という訳で本日回線の切り替えを行いました。
やり方は割愛しますが説明書が非常に判りやすいので携帯電話の設定をやったことがあるような方は迷うことは無いでしょう。
強いて言えば契約内容通知書に初期IDと初期パスワードが乗っているのですがこれは契約時にはすでに自分で変更しているので使うことは多分無く、WEBで申込んだ時に決めたIDとパスワードを使うってことぐらいかなぁ、回線切替も30分程度で切り替えが出来ました。
通話品質は極めて良好、データ通信も夜の10時30分ぐらいで下り1.67Mbps、上り6.06Mbpsぐらいですかねぇ…。
これを遅いと見るか早いと見るかは使いみちで変わるでしょうね。
基本的にニュースなどの画像を使ったページでも特に遅延は感じませんでした。
まあ、Yotubeなどは向かないでしょうね。
後は平日のお昼に使って体感的に我慢できるかどうかかなぁ。
ちなみにmineoには接続速度を制限するmineoスイッチというアプリがあってオンオフ出来るのですがオンにすると200Kbps程度に制限されるのですがこの速度では容量が減ることはありません。
通常はこのモードにしておけばアプリやシステムが勝手に通信しても困ることは無いようです。
意外にこのモードでもテキスト主体なサイトだと観ることが出来ますね。
まあ、画像があると遅くなるのは仕方が無いでしょう。
個人的には思ったより速度に関しては満足ですね。
後は平日のお昼の速度でしょうね。

個人的には非常に満足しています。
切り替えもスムーズに行きましたし、基本的にネットを使うのはほとんど自宅なのでWi-Fiを使うので困ることは今のところ無いです。
キャンペーン期間中で1000円弱で6ヶ月運用できるしキャンペーンが無くなってもガラケー以下の料金で運用できるのは魅力的ですね。
何かトラブルが起こったらブログのネタになりそうだし…。
あまり通話をしないで自宅にWi-Fi環境にある人は検討の余地は十分にあると思いますよ。
さよならau、こんにちはmineo、これからもiPhone6Plusよ、よろしくね(笑)。