ももたAppleが例年通り、新iPhoneを発表しましたねぇ。
管理人はXR持ちなので新製品を観てもあまり進化を感じず今年はスルーですね。
しいていえばカメラ機能は向上してるけど、あまりスマホで写真を取らないので触手は動きません。
それよりも考えもしていなかったのですが新型のiPodが安い…。
ペンシルもキーボード繋がる…。
うーん、悩むなぁ…。

さて今夜は久々のももクロ揃い踏みのフォーク村なんですが、れにちゃんがラジオの為、途中で帰ってしまい、ももいろフォーク村ではなく、しおこうじのフォーク村にももクロがゲストで来たという感じ。
個人的にはももいろフォーク村的な物が観たかったなぁ…。
あと、ももクロちゃん達が歌が上手くなってきたので感想が書きにくい。
ダメなところがあればここがダメとか書きやすいんだけど、上手く出来てると全体的な印象とかしかかけないのでメモが短くなってしまう。
さて、今回もリアルタイムで番組を観ながら書いてるので的はずれな意見もあるかと思いますがよろしくお願いします。
M1 坂崎幸之助×ダウンタウンしおこうじバンド「クローバーとダイヤモンド」ももいろクローバーZ
村長らしい落ち着いた歌い方だと思っていたら、途中で「ミュージシャン」っぽいメロディで歌うなんてさすが村長遊び心があるねぇ。

M2 玉井詩織×ダウンタウンしおこうじバンド「SWEAT&TEARS」THE ALFEE
いきなり今日イチのしおりんがここで出るか。
SWEAT&TEARSは凄くももクロに合う、歌詞がももクロソングって感じなんだよね。

M3 ももいろクローバーZ「走れ!」ももいろクローバーZ
やっぱり、4人そろうと画面が華やかになりますね。
気のせいかもしれないけどしおりんもホッとしたような表情。
やっぱりひとりでの出演って大変なんだろうね。

M4 ももいろクローバーZ「おどるポンポコリン」ももいろクローバーZ
すっかり自分たちの歌になってますね。

M5 BAND GIRLZ「ROCK THE BOAT」ももいろクローバーZ
いずみ姉さんのドラム、れにちゃんベース、しおりん、あーりんエレキギター、夏菜子アコースティックギター。
意外といったら怒られるかも知れないけど、ドラムもナカナカです。

ここでれにちゃんラジオ主演の為、退場。

M6 和田アキ子×ももいろクローバーZ「古い日記」和田アキ子
アッコさんもすっかりおなじみって感じでの出演ですね。
スタジオの空気感を一気に変えるのはさすが…。

M7 和田アキ子「ブルースエードシューズ」カール・バーキンス
最近はブルース的な音楽を抑えて歌謡曲的な曲も歌っているけどやっぱり黒人的音楽が似合う。
初期のロックもある意味白人が黒人的音楽を演るのがカッコよかった。

M8 和田アキ子「笑って許して」和田アキ子
音楽的な幅の広さはやっぱり一流の芸能人って感じ。

M9 ブリーフ&トランクス「ペチャパイ」ブリーフ&トランクス
なぜか夏菜子登場、なっとくいかない表情。
次の登場までに新ペチャパイを作る事を約束。

M10 百田夏菜子 with 坂崎「夢は心のつばさ」ゾロリーヌ with ゾロリ
夏菜子ソロが少ないのでこの曲(笑)。
でも、夏菜子歌上手くなったなぁ。

M11 百田夏菜子×坂崎幸之助「ジョニィへの伝言」ペドロ&カプリシャス
夏菜子と言えば高音の伸びなんだけど、低い音もちゃんと対応出来るようになってる、忙しいけどちゃんとボイストレーニングしてるんだろうね。
スターダストって意外にちゃんとボイトレ受けさせるよね。
最初から上手い子じゃなくて下手でもちゃんと歌えるように教育してる印象。
全く歌の素養のない子がアイドルを目指すには良い事務所なのかも。
ただし、事務所内の競争は芸能界でも1,2を争うくらい厳しい事務所でもある。

M12 佐々木彩夏「Bunny Gone Bad」佐々木彩夏
うーん、悪くないんだけどやっぱり、あーりんはヒャダイン曲が異常に合うからなぁ…。
ヒャダインという天才が作った曲と比べると悪くないんだけど、凡人が作った曲って印象。

M13 佐々木彩夏×坂崎幸之助「亜麻色の髪の乙女」ヴィレッジ・シンガーズ
昔はあーりんのソロカバーだと大丈夫かと心配したものですがすっかり安心して聴ける様になりました。

M14 しおこうじ「やさしさに包まれたなら」荒井由実
特に意味もないのですがしおりんに凄く合う曲。
子供の頃にきっと沢山の愛を受けた人が歌うとぴったり来るんでしょうね

M15 しおこうじ「Top of the World」カーペンターズ
とりあえず英語力は置いといてちゃんと歌になってるの素晴らしい。

おお、ここで太田胃散のCM「いいくすりです」
ももクロのCM待ってます。

M16 ALL「もう一度ふたりで歌いたい」和田アキ子
最後はみんなでアッコさんの曲。