激しくやな予感。
どうなんでしょう?この配役。
まあ、映画化に当たっては配役でいろいろ文句を付けられるのは避けられないのですが…。
大体あの情報量が異常に多い小説を映像化できるのかね。
実相寺昭雄監督って言うのもやな予感。
作者辺りのリクエストなのかもしれないけどかなり当たり外れの大きい監督さんなのでちょっと博打だよね。
まあ、どっちにせよ映像化は文句の出る作品と思うので個人的には映像化はしないほうがいいと思うのですが…。.