【エンタがビタミン♪】「モリエモンって? 」ももクロの百田夏菜子が“メレンゲ”デビュー。大物歌手にあだ名をつける大胆な行動に。 - ネタりか
実力派歌手の森山直太朗もゲストとして出演していたのだが、百田はいきなり「是非これを“モリエモン”さんにお願いしたいんです」と彼に「オイッ」と声をかけてくれるよう頼んだのである。 彼女の大胆なあだ名命名に共演者は「モリエモンじゃなくて“モリヤマナオタロウ”でしょ」と慌てたが、一番驚いたのは森山自身だ。彼は苦笑すると「モリエモンって誰?」、「どこにいるの? オイいねえよ!」と乗り突っ込みまで見せてやがて観念した。その“モリエモン”がスタジオを歩く百田の背中からあの美声で「オイッ」と声をかけると、百田ばかりか久本も「今のはいいっ」と感激していたのだ。 その後は、百田も番組の流れに乗ることができ、新体操仕込みのアクロバティックな前方回転を披露するなどして見せ場を作ったのである。百田のMCデビューとしては上々の出来だったといえるだろう。 ...

『ももクロChan』Presents ももいろクローバーZ 試練の七番勝負2012あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
メレンゲの気持ち、子供の学芸会のように祈るような気持ちで観ていました。
まあ、100点とはいかなかったけど頑張って80点ぐらいはいったのではないかと思うのはファンの欲目でしょうか?

オイの件は完全に台本通りな感じでしたが森山直太朗さんの声を掛けないというボケに必死で突っ込んでいたのが微笑ましかったです。

夏菜子はリーダーで不動のセンターでありながら辞めた早見あかりから心配されるほどの目立つのを控える傾向にあるのですが1人で頑張って居るようですね。
今回、他のメンバーを差し置いて1人だけの抜擢というのもその辺を考えての運営側が与えた試練かもしれません。

テレビなどでの安定したしゃべりは確かにももクロにとっては必要かも。
まあ、あのグダグダでイチャイチャしたしゃべりも魅力ではあるのですが…。

メレンゲの気持ちの視聴者にとっては「モリエモン」は唐突に感じたでしょうが実は以前にCS放送の「綾小路翔の六本木バナナボーイズ」という番組で森山直太朗と共演していてその時にももクロが付けたアダ名なんですね。
局も番組も違うところでの話を地上波の番組でいきなり話してしまう夏菜子はMCというかタレントしては失敗なのかも知れなかったけど、きっと初MCでの取っ掛かりが以前共演した森山直太朗しかなかったので緊張してクチから出てしまったのでしょう。

ファンとしてはそんな所まで微笑ましく感じてしまうのは贔屓しすぎかもね。
キー局の番組に出る様になればファンだけでなく一般視聴者を意識しなければいけない訳でオフシャルなしゃべりを習得するにはいい番組だと思います。
不器用なリーダーですが視聴者の皆様よろしくお願いします。(誰目線?)