猫ひろしの五輪出場暗転、為末は「陸上選手の大半の反応は、え、それをアウトにしちゃうの?」(Sports Watch) - livedoor スポーツ
「猫さんの場合の特殊性は1、先進国から途上国へ 2、トップ選手ではない の二点だと思う。先進国のタレントが途上国の枠を取り五輪を売名行為に使っている。国際的に問題があるのはこの辺りじゃないか。他にも実力的に並ぶ選手がいるし。あからさまな金の匂いがしないから余計に倫理的な問題に見える」 「日本でこれだけ騒がれるのは、日本人をやめて五輪に出場しようとしている人がいるという事、がかなり刺激的なんだと思う。日本では、特に五輪が近くなると殺気立った人達が出てきて、なんだか出兵する一等兵の気分になる。正直危ないなと感じる事もある。」 ...

猫まっしぐラン!! おもしろマラソンガイドブックあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
猫ひろしのオリンピック出場に関しては出場が決まったとたん厳しい意見が出てきた。
為末さんが言ってる通りオリンピックに関しては変な正義感を振りかざす人が多くなってる様に感じます。

倫理的にオリンピック出場を売名行為に使ってるのは事実だけど日本国内では概ね好意的だし、カンボジアではそもそも関心がないっていうのが本当でしょう。
カネで買ったみたいな言われ方も動いた金額は小額だし、カンボジアのナショナルチームとの合宿も問題なく参加してる。
ベトナムで文句をいってるのは正直、猫ひろしのお陰でオリンピックに出れなくなったブンティン選手ぐらいでしょう。

タイムがブンティン選手が速いという意見も、結局同じ条件で走っていないのだからタイムが遅いほうが代表になるって話はマラソンでは良くある話ですしね。

IAAF(国際陸上競技連盟)が関心を示しているのは間違いなく日本からチクリが入ったのでしょう。
チクリが入ったのに調査しないのではIAAFの責任になり兼ねないから動き出したっていうのが本当のところではないですかね。
カンボジア人に申し訳ないって意見もあるけどそもそもカンボジア人は関心がないでしょう。
カンボジア人に代わって意見してるって人は完全にマイノリティ憑依って奴でしょうね。

基本的には出る杭は打つっていう日本人の悪い部分と国籍というデリケートな部分がネットウヨ的な人を刺激してしまったのでしょうね。
オリンピックは為末さんが言ってるように純粋な世界ではなくビジネス的側面も持つ、その割には大きなお金が動いてない(実際の金額は協会などに仁義をきった程度)からこそ、国籍に対するナショナリズムが過剰に反応してるのでしょう。

最終的に判断するのはカンボジア人とカンボジアの競技連盟がすることであってカンボジア人にマイノリティ憑依した日本人がすることではないと思います。