マイクロソフトSurfaceでiPadとMacBook Airは過去のものとなった - ネタりか
ですが、Surfaceは落第ではありません。土台から上まで新しい。iPadのようなタブレットにも使えるし、MacBook Airのようなウルトラブックにも使える、コヒーレント(論理一貫型)な製品。古さと新しさをひとつに融合したのに、しっかり馴染んでる、そんな新製品なんですね。 ...

なんだか妙にマイクロソフトをヨイショした記事ですね。
iPadキラーはこれで何台目何でしょうか?(笑)

Teach Yourself VISUALLY Windows 8 TabletsあまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
ウィンドウズ8に関しては使っていないので何とも言えませんが土台から新しいとは言えないでしょう。
ちょっとインターフェイスをいじっただけで(何よりも一貫していない)新しい土台ってどうなんでしょうね。

基本的にSurfaceはアレも出来ます、これも出来ますといった過去に失敗してきた新しいデバイスの特徴を備えてると思います。
iPadは基本的に用途が限定されているデバイスだと思います。
基本的にはビューワーとして使う事を想定されていて入力はやろうと思えば出来る程度に抑えられてる。
iPhone、iPad、iMacを揃えるのが基本でiMacを中心にデータをやり取りするもので最近は中心をiMacからiCloudに移行しようとしてる(これが成功してるかは微妙だけど)所です。

それを他のメーカーは一台でやろうとして尽く失敗してる印象。
Windows8は果たしてどこまで連携出来るんだろうか?

マイクロソフトはそれをWindows8でやると思っていたのですがSurfaceはスタンドアローンで使う印象ですね。
製品としては面白いと思うのですがマイクロソフトの戦略はちょっとブレてる様に感じます。
結局、過去の破れ去っていったiPadキラーの一員になってしまいそうです。
ソニーのiPadキラーは今は0円で売ってるらしいですよ、トホホ。

まあ、需要があるとすれば企業向けじゃないかなぁ。
データをPCと共通にすることができるから変換とかの手間がなくていいかもね。