“ポストAKB48”最有力「ももクロ」の魅力は奇抜なライブ (週刊文春) - Yahoo!ニュース
「ももクロの魅力はライブでないとわかりにくい。いきなりテレビで見ても、子供向けの戦隊モノと大人には見なされてしまいがちです。若者を中心としたコアなファンだけでなくどこまでファンを底上げできるかが、目標としている紅白出場のカギを握っている」(音楽関係者)  アイドル界の“政権交代”の行方はいかに。 ...

クイック・ジャパン 102あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
週刊文春の記事との事なので指原さんの事もありビビりながら記事を読んだのですが意外にちゃんとした記事でした。
ももいろクローバーZを知らないおじさん達にももクロを説明する記事としては変な誤解や憶測ない内容と言えるでしょう。

ポストAKBという扱い自体は疑問が残るけど一般に説明するにはこういった紹介になってしまうんでしょうね。
ももクロの運営的にはAKBよりもPerfumeを目指してるのではないかと思います。
芸能界の事務所と広告代理店のコングロマリット的なAKBと正面からぶつかっても勝てる訳がないので共存の道を考えてるでしょうね。
まったく絡まないというハロプロ的な考えもあるけどジリ貧はいなめないからねぇ。

ももクロの魅力がライブでないと伝え辛いのは言う通りだと思います。
テレビ対策としてはまだまだ改善の余地はあると思うけれどライブを見せることが出来れば引き込めるのはももクロちゃんの強みでもあると思う。

タレントしては未完成だけどライブパフォーマーとしては群を抜いてると思う。
変にテレビタレント化していくのもどうかと思うよ。
ももちや菊池亜美を観てるとタレント力は高いと思うけどグループにファンを呼び込んでいるとは思えないからねぇ。

まだまだ、平均年齢が17歳程度なんだから完璧さを求める必要はないと思うのです。